スウェーデン第二の都市、イエーテボリ。乗用車大手ボルボ・カーの本社があるこの街で、面白い体験をした。ボルボの担当者がスマホを使ってEC(電子商取引)サイトから日用品を購入。そのままボルボ車に乗ってしばらく待っていると、配達員が我々の乗るクルマのトランクを勝手に開け、注文した荷物をそこに置いて何も言わずに立ち去ったのだ。

トランクに注文した荷物が届く「イン・カー・デリバリー」

 これはボルボが今年5月に始めた配送サービス「イン・カー・デリバリー」。スウェーデンのベンチャー企業や北欧最大の物流会社ポストノードなどと共同開発し、注文した商品を対象区域ならどこでもクルマのトランクに届けるサービスだ。世界で初めてボルボがサービスを始めた。

 もちろん、運転者が乗っていなくても配達員は勝手にトランクを開ける。物流会社にとっては再配達の手間が減り、注文した消費者にとってもすぐに受け取れるメリットがある。今年10月時点でボルボのユーザー1万人が同サービスに登録している。

 他の自動車メーカーがサービス化にこぎつけられていない理由は簡単。鍵を持たない配達員がトランクを開けられないからだ。

「2017年にクルマの鍵を全廃する」

 ボルボがこのサービスを投入できたのは、他社に先駆けて「デジタルキー」を採用したから。専用のアプリケーションが入ったスマホを鍵代わりに使い、車両のロック解除やエンジンの始動ができるほか、家族などとの共有機能もある。既に一部の車種で採用しており、配達員に1回限り有効のデジタルキーを発行することで、トランクを開けることができるようになった。

 ボルボは2017年に「クルマの物理的な鍵を全廃する」と宣言している。これも世界初となる見込みだ。希望者は従来の鍵穴と鍵をオプションで選べる予定だが、基本的には「鍵なし車」。スマホでクルマを操作する。

 「これからはクルマが情報のプラットフォームになる」。ボルボで新サービスを担当するロバート・ジャグラー氏はこう話す。

 このサービスに関する取材は、記者が現地に行った後、追加で依頼したもの。ボルボの独自性を取材するうちに、デジタルキーが重要な戦略の一部ではないかと思い始めたからだ。当初の計画では、工場などの生産施設の見学とパワートレーンに関連する技術担当役員へのインタビューをメーンに考えていた。

 取材してみると、デジタルキーの様々な潜在力が見えてきた。