10月25日、九州旅客鉄道(JR九州)が、東証一部に上場した。上場セレモニーの会場に現れた青柳俊彦社長の左胸には、星の胸章が光っていた。他の役員や社員が着けている赤いJRマークの胸章とは違う。記者が尋ねると、青柳社長は満面の笑みでこう答えた。

 「ななつ星の乗務員と同じ気持ちでね、これを付けてきたんですよ」。

 ななつ星──。正式名「ななつ星in九州」は、同社が2013年から運行する豪華寝台列車だ。九州中を回る周遊型なので、クルーズトレインと呼ばれる。工業デザイナーの水戸岡鋭治氏のデザインで、九州の木材をふんだんに使っている。現在募集中の来年3~9月の料金は、3泊4日コースで1人当たり63万~95万円(2人1室の料金)、1泊2日コースで30万~45万円(同)と高額だが、個室が14室で定員がわずか30人のため、予約困難なことで知られる。海外の観光客にも好評で、JR九州の名を国内外に広めた立役者として、語り草になっている。

 JR九州は1980年代から、現在は会長を務める唐池恒二氏の下で、「ゆふいんの森」「あそぼーい!」「A列車で行こう」など、ユニークで観光の目玉となる列車を走らせてきた。ななつ星は1つの集大成と言える。

 青柳社長の胸に光る星は、そのななつ星の乗務員が制服で身に着けているものだ。

 来年は民営化から30年を迎えるタイミングでの上場。そんなハレの日に、ななつ星の胸章を付けて現れたことに、記者は思わず納得した。それは、ちょうど1カ月ほど前に、ななつ星に客として乗る機会を得ていたからかもしれない。

クルーズトレイン「ななつ星in九州」。深い赤紫のような、茶色のような車体は、自然の青さに溶け込んで特別な雰囲気を醸し出す

 「1泊2日でも数十万円!それって高すぎじゃない」。3年前、記者が報道でこの列車を知ったときは、本当に驚いた。私は鉄道の旅が好きでJR九州の列車にも数多く乗っていたが、その料金に卒倒した。そして、一部の富裕層向けのビジネスで、一生乗ることはないと思った。

 それがちょうど1年前、たまたまJR九州の社員からななつ星について聞く機会があった。ななつ星とはなんなのか、どんな思いでこの列車を走らせているのか。その時に出てきた言葉は、「地元の方々に支えられている列車である」。自分が抱いていたイメージとのギャップを感じて、純粋に興味を抱いた。

 仕事として取材したり、撮影したりしても、乗客として乗ってみなければ、本当のところは分からない。だが、ななつ星は予約困難で、乗るためには抽選に当たることが必須となっている。多分一生乗れないだろうから、当たらないのを前提で応募だけでもしてみようと思った。

 その後、抽選の結果が発表され、キャンセル待ちを知らせる封書が届いた。かすかな期待はあったが、やはり無理だったかとがっかり。だが、10日間ほどして、知らない番号から携帯電話に電話がかかってきた。「今回のご旅行に参加していただけることになりました」という女性の声に思わず驚いて、「行きます!」と叫んでしまった。