9月1日、名古屋市内に新しいデイサービス施設がオープンした。名前は「ミライプロジェクト新瑞橋(あらたまばし)」。新築の鉄筋3階建て。広く明るい印象の建物だ。

ミライプロジェクト新瑞橋(撮影:早川俊昭、以下同)

 同施設を介護業界に詳しい人が見れば驚くかもしれない。業界の「常識」では考えられない、独特な間取りになっているからだ。

 多くのデイサービス施設は食堂と機能訓練室のスペースを大きくとる設計になっている。このスペースの広さによって、利用者の定員が決まるという制度だからだ。そのため、スタッフの休憩スペースも狭くなる施設が多い。

 ミライプロジェクト新瑞橋の設計思想は、その正反対だ。

 1階は食堂と機能訓練室がある「デイサービスフロア」だ。食堂部分は開放感のある吹き抜けになっている。7台のマシンが備えられており、健康づくりをサポートする。

様々なマシンのほか、半身が不自由な人でも足こぎで運転できるクルマ椅子も用意

 2階は「多目的フロア」。菜園や花壇、スタッフの子供を預かる託児室、運動ができるスタジオ、カラオケや麻雀などが楽しめる多目的室などを備える。1階と2階は屋外の階段でもつながっており、利用者が自由に周遊できる。

 3階部分は丸ごとスタッフ専用。寝そべってくつろげる畳のスペースを用意したほか、女性の更衣室には、メークがしやすい照明を備えた化粧台も用意した。前述のように託児室があるのも、子供を持つスタッフにとっては大きなメリットだろう。

3階のスタッフ専用フロアにはくつろげる畳スペースも

 ミライプロジェクト新瑞橋の食堂と機能訓練室のスペースは、3階建てのうち1階の一部に抑えている。さらに「制度上は81人まで利用者を受け入れられるが、定員は70人とした」(運営会社、ミライプロジェクトの牧野隆広代表取締役)という。

「きつい」「給料が安い」「汚い」の頭文字をとって3Kと呼ばれる介護業界。そこには、構造的な原因がある。収入源が介護保険であるため、売上高に上限があるのだ。利益を出すには、定員を最大限増やすと同時に、ギリギリの人員で運営してコストカットをする必要がある。

 それなのに、ミライプロジェクトでは過剰とも言える設備を整えた上に、定員を自ら減らしている。これなら充実したサービスを受けられる施設利用者や、良好な職場環境で働けるスタッフの満足度は高まるだろう。だが、経営は成り立つのだろうか。