8月中旬、岩手県盛岡市に帰省した。盆と正月は必ず地元に戻っているのだが、今年はひとつ、驚いたことがあった。

 それは実家の近所にある公園だ。子どものころ毎日のように野球やサッカーを楽しんだ、日本の住宅地ならどこにでもありそうな平凡な児童公園なのだが、久しぶりに訪れたその公園が、あまりに荒れ果てた姿をみせていたのだ。

 雑草は生え放題。遊具は錆びつき、電灯もカバーが欠けたまま。朝から夕方まで子どもたちが声を張り上げて遊んでいた、そんな、かつての光景は見る影もない。

記者がかつて毎日のように遊んだ近所の公園。遠くに岩手山を望むなど申し分ない環境だったが……。しばらく訪れることがなかったが、歩き回るようになった息子を散歩に連れていこうと久しぶりに足を運び、初めて荒廃ぶりに気づいた

荒れ果てた思い出の公園

 記者の実家は、1980年代半ばに分譲の始まった、かつての「新興住宅地」にある。盛岡市の中心部から7~8km。自家用車があれば市街地にも無理なく通勤できる距離ながら、土地は比較的安い。昭和63年生まれの私は2歳のころ、両親がマイホームを新築したのにあわせ、この住宅地で暮らし始めた。

 当時はとにかく子どもであふれていた。小中学校ともに学年は40人学級が5つあり、放課後は公園に行けば必ず誰か知り合いが遊んでいた。山を切り拓いた土地のため自然も身近。子ども時代を過ごすには申し分のない環境だった。