Youtubeを見て駆けつけた山本KID徳郁氏

 三宅氏らのネットでの影響力を象徴するエピソードの1つが、選挙活動の最終日、応援に駆けつけた格闘家・山本KID徳郁氏の存在だろう。

 この日の応援演説で、山本氏は自分がこれまで政治に一切興味がなかったと明かしている。けれども今回の参院選では、海外に住む外国人の友人から、「面白い奴が選挙に出ているから見てみろ」と三宅氏の選挙フェスの動画を紹介されたのだという。たまたま、それを見て共感し、山本氏は三宅氏の選挙応援に駆けつけた。それまでは面識もなかったという。山本氏のケースと同じようにネットやSNSを通して三宅氏の存在を知り、投票した層がいたからこそ、25万以上に獲得票数が伸びたのだろう。

 投開票日の深夜、落選が確実になると、三宅氏は彼を応援してきた参議院議員の山本太郎氏と共に支援者の前に姿を現した。

パソコン片手に支援者の前に姿を現した三宅氏。落選したが、さほど沈痛な様子はなかった(撮影:竹井 俊晴)
パソコン片手に支援者の前に姿を現した三宅氏。落選したが、さほど沈痛な様子はなかった(撮影:竹井 俊晴)

 マックブックで開票速報などを見ながら、三宅氏は「今回はアナログ選挙とデジタル選挙のハイブリッド型で選挙を戦ったけれど、ネットを通して全国に波及したものは確実にある」と語った。その様子は、SNSなどを活用したネットでの拡散力について、自信を深めているようでもあった。

 ネットでの選挙活動が解禁されて3年が経った。多くの候補者が今なお、「一緒に撮影を」などと訴え、SNSでの露出を増やそうと苦心している。けれどもさらに拡散していくためには、三宅氏らのように、ネットをよりうまく活用する手もあるのではないだろうか。

 次の選挙では、それぞれの候補がどのようにネットでの戦い方を進化させていくのか。楽しみでもある。