7月に米ニューヨーク証券取引所と東京証券取引所第1部への同時上場を果たしたLINE。その約83%の株式を保有する親会社、韓国インターネット大手のネイバー本社を訪問した。

韓国ネイバーの本社ビル「グリーンファクトリー」。新興企業が集結するソウル郊外にある。2010年に竣工、移転した

 ネイバーは韓国で、米グーグルの攻勢にも負けず、7割以上の検索シェアを誇っている。設立はインターネット黎明期の1999年で、検索を軸に韓国ナンバー1の総合ネット企業へと成長した。

 検索のほかにも、Q&Aサイト、地図、ブログ、コミュニティ、ニュース、マンガ配信、韓流アーティストの動画配信など、首位のサービスをいくつも抱えており、韓国では日本の「ヤフー」に近い存在と言える。大手就職サイトの調査では、大学生が就職したい企業のランキングでサムスン電子を抜き、直近の2年連続で1位となった。

 韓国の人口は約5000万人と日本の半分以下。海外市場に成長を求め、今はLINEがけん引する。2015年度(12月期決算)の連結売上高は約3兆2500億ウォン(約3000億円)。日本のヤフーの半分弱だが、時価総額は23兆4000億ウォン(約2兆1300億円、8月3日時点)とヤフーに迫る。連結子会社のLINEの価値が高く評価されているためだ。

 その総本山、「グリーンファクトリー」と呼ばれるネイバー本社ビルは、想像以上に韓国での存在感を誇示していた。

世界中の雑誌を集めたマガジンコーナー

 韓国・ソウルの中心部から南東に車で約30分。巨大な高層マンション群が立ち並ぶ新興のベッドタウン「盆唐(ブンダン)」の中心部に着いた。「韓国で最も住み良い都市」と言われ、近年では高所得者にも人気という。ネット企業やベンチャー企業も集まるその都市に、地上27階建てのグリーンファクトリーがそびえていた。

グリーンファクトリーの正面玄関。従業員のほかに、地域住民なども出入りしている

 訪問したのは平日の午前9時過ぎ。出勤する社員の姿がちらほらと見える。単体で約2400人の従業員がいるが、定時がないフレックス勤務制度。部門によっては、成果さえ出せば自宅でもどこでも勤務可能のため、全員が出勤してくるわけではないという。

 さらに、グリーンファクトリーには従業員や取引先のほかに、地域住民や観光客なども出入りしている。1階のカフェと図書館を一般にも解放しているためだ。中に入ると、企業というよりは、商業施設に入ったような明るい印象を抱いた。

ネイバー本社の受付。ブラウンやムーンといったLINEキャラクターが出迎える
LINEグッズも売られているカフェ&ストア。知的障害者に働く場所を提供している