トヨタ自動車の小型車「アクア」

 まずは最大手のトヨタ自動車から。小型車「アクア」に搭載できる自動ブレーキの名称は「プリクラッシュセーフティシステム」。時速約10~80kmで走っていれば、運転手がブレーキを踏めなくても自動でブレーキが作動するという機能だ。

日産自動車の小型車「ノート」

 次にハンドルから手を離した矢沢永吉氏のCMが印象的な日産自動車。小型車「ノート」に搭載できる自動ブレーキは「エマージェンシーブレーキ」と名付けられている。作動速度は時速約10~80kmとトヨタと一緒。ただしノートは歩行者とぶつかりそうになったときにも、時速60km未満ならブレーキが作動する。

ホンダの小型車「フィット」

 ホンダも見てみよう。小型車「フィット」に搭載できる自動ブレーキは「シティブレーキアクティブシステム」。対応速度は時速5~30kmと、トヨタや日産と比べると低速にとどまっている。歩行者の検知にも対応していない。ただしホンダの場合は誤発進を防ぐ機能とセットで取り扱われている。

富士重工業のセダン「インプレッサ」

 最後に運転支援システム「アイサイト」のヒットで「安全のスバル」というブランドを確立させた富士重工業。セダン「インプレッサ」に搭載できる自動ブレーキの名称は「プリクラッシュブレーキ」。「前方車両との速度差が50km以下のときに作動する」としており、そもそも作動条件の設定の仕方が他社と異なる。ちなみに歩行者に関しては、富士重も速度差が35km以下なら対応している。

 マツダの「デミオ」など他車種を比べてみても、やはりその機能は微妙に異なる。新聞や雑誌ではどれも「自動ブレーキ」と表現されているが、プリクラッシュセーフティシステム、エマージェンシーブレーキ、シティブレーキアクティブシステム、プリクラッシュブレーキのあいだには、実際にはかなり大きな性能差があるのだ。