「変わり種」の飲料の自動販売機が次々と登場している。2014年の消費増税に伴う実質的な値上げで遠のいた顧客を呼び込む狙いだ。思わず買いたくなる魅力的な自販機は果たしてあるのだろうか。

コカ・コーライーストジャパンが始めた「女性向け自動販売機」(千葉市)

 6月下旬。JR海浜幕張駅にほど近い複合施設「幕張テクノガーデン」(千葉市)内に、ひときわ目をひく自動販売機が設置された。鮮やかな色の蝶が飛び交い、上に向かって伸びる葉のイラストが描かれていて、見るだけで元気になりそうだ。施設内のオフィスや店舗などで働く女性をターゲットにした自販機で、名付けて「女性向け自動販売機」だ。

 この自販機を開発・導入したのは、国内でコカ・コーラブランドの清涼飲料の製造販売を手掛ける最大ボトラー、コカ・コーライーストジャパン。7月15日、報道陣に公開した。

容器の水滴を拭き取る

 この自販機がなぜ「女性向け」なのか。大きく分けて3つの特徴がある。

 まずはストローと紙ナプキンを備え付けていること。ストローがあれば一度に全量を飲み切れない消費者が、時間を置いて小分けにして飲むことができる。500mlペットボトルの中にストローを入れたまま、フタができる長さだ。「小分け飲み」ニーズに対応して、販売する全商品を、キャップ付きのボトル缶やペットボトルにした。

 紙ナプキンは冷たい飲み物を購入後、容器の外側に付いた水滴を拭き取るためのものだ。冷えた飲料を冷蔵庫に入れず外に置いたままにすると、空気中の水蒸気が冷やされ、水滴として容器の外側に付着する。飲み物をバッグにそのまま入れた場合は、バッグ内が濡れてしまう。「水滴が発生するのを嫌がる女性客は多い」(広報部)という。職場の机に置いても水滴が気にならないように、紙ナプキンと並んでコースターも用意した。

ストローや紙ナプキンを備え、常温の商品も販売する

 次に、温度を約20℃に保って販売する「常温販売」の飲料をそろえていること。冷房が効いたオフィスで終日働く女性は、自販機で冷たい飲み物を口にして、身体がさらに冷えることを嫌がる。飲料をすぐに飲まず、カバンに入れても水滴が付かないことを理由に常温の商品を求める女性は多い。