乗車後、間もなく出発。リニア走行に移行するまでは車輪での走行となる。当たり前かもしれないが、ガタガタとした揺れを感じた。しばらくすると車内に掲示されたモニターに映る速度はぐんぐん上がり、約150キロメートルに到達。すると車輪が格納され、いよいよリニア走行が始まった。この車輪からリニアに変わる瞬間、大げさでなく、乗り心地が一変した。ふわっと浮き上がったのが感じられ、振動がほぼ収まったからだ。

 この記事を書いている今、出張で記者はたまたま東海道新幹線に乗っているが、リニアよりも低速にもかかわらず、小刻みに上下に揺れている。日本が誇る新幹線とはいえ、リニアと比べてしまうと、リニアの方が体への負担も少なそうだ。

 リニア走行が始まり、さらに加速が続いた。最終的に約500キロメートルという時速が表示された。手元の時計では発車してから3分ほどで500キロメートルに達した。所詮、実験線は全長43キロメートル弱に過ぎないため、この500キロメートルという最速を体感したのはそう長い時間ではなかったが、実験線を往復することで、多少なりともどのような乗り心地か分かった。JR東海では一般向けの体験乗車イベントも時折開いており、興味のある人は公式ホームページなどで確認してほしい。

 リニアはルート設計上、全長の8割強をトンネルが占める。のんびりと車窓の風景を眺めたり、旅情に浸る期待はあまり持たない方がよいだろう。実験線もほとんどがトンネルで、外が見えず、流れゆく景色との対比でそのスピードを味わうことはできなかった。モニター表示が頼りでやや味気ないといえば味気ない。その辺は割り切りが必要だ。

下車後、試乗したリニアの先頭車両「L0(エル・ゼロ)系」を確認
下車後、試乗したリニアの先頭車両「L0(エル・ゼロ)系」を確認

 記者は数年前まで転勤で名古屋に住んでいた。東海道新幹線を使って名古屋~東京をしばしば往復していたが、移動はそれなりに面倒だった。時間がかかり、どうしても次第に体も凝ってくる。リニア新幹線が完成すればそれも過去の話となるだろう。東海道新幹線は観光、地域の足としての役割を強める一方、リニアはビジネスや基幹交通として発展していく、そんな将来がすぐそこまできている。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。