センサー技術をヘルスケアに。その思いでライフセンスが注目したのは、尿失禁だった。

 同社の調査によると、尿失禁に苦しむ患者は全世界で4億2000万人にも及ぶといい、その多くが女性。尿失禁の原因の多くは、「急に立ち上がったときや重い荷物を持ちあげた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまう腹圧性尿失禁」(日本泌尿器科学会)。膀胱を抑える筋肉が緩むために発生する。高齢者だけと思われがちだが、出産を機に腹圧性尿失禁を患う人も多く、日本では女性の4割を超える2000万人以上が悩まされていると言う。しかし、「尿失禁に悩む女性は多いが、皆恥ずかしくて我慢している人がほとんどで、悪化する一方」(ライフセンスのポップCEO=最高経営責任者)。そんな女性の悩みを解決したいと考えたのが、「カリン」の開発に着手したキッカケだ。

日本では年内に発売

 厚さ約2mmの基板上に、薄型尿検知センサーやリチウムイオン電池を搭載。100円玉2枚分の大きさのセンサーモジュールを吸水性の高いパンツのポケット部分に装着し、尿漏れを検知する。

パンツに装着する小型センサー。数千人のモニター調査の結果、9割に近い女性が装着時に違和感を覚えなかったと言う。
パンツに装着する小型センサー。数千人のモニター調査の結果、9割に近い女性が装着時に違和感を覚えなかったと言う。

 小型センサーは尿が漏れた際に、その量と時間の情報をブルートゥース(近距離無線通信)でスマートフォン(スマホ)側に送信。尿の量や回数のデータに応じて最適な「骨盤強化トレーニング」の動画を用意。利用者はスマホを使って動画を見ながら、骨盤を鍛えるトレーニングができる。軽症の場合、トレーニングを続ければ3カ月程度で効果が見られるという。「日々検知を続けていることで、尿漏れの量が減った、増えたというのが目に見えて分かる。ダイエットと同じで、モチベーションのアップにつながる」(米山氏)。

 ネットを使った小口の資金を集めるクラウドファンディングでは、大手サイト「キックスターター」で目標額の1.5万ユーロ(約170万円)の資金を調達。昨年欧州で販売を開始し、249ユーロ(約2万8000円)と高額にも関わらずデザイン性の高さなども評価され売れ行きは上々だ。今年末には日本でも販売する計画だと言う。量産効果で今後は価格も下がる見通しだ。

尿失禁を治療するためのトレーニング用ビデオがあり、量などに応じて最適なトレーニングを提案する。
尿失禁を治療するためのトレーニング用ビデオがあり、量などに応じて最適なトレーニングを提案する。

次ページ 技術の進化が後押し