あらゆるモノがインターネットにつながる「Internet of Things(IoT)」。電機やIT業界回りを担当しているからか、最近の取材では必ずと言っていいほど「IoT」という単語が出てくる。IoT対応の半導体、IoT向けのプラットフォーム、IoT家電……。まさに「猫も杓子もIoT」だ。

 しかし、バズワードでもあり消費者目線でみると「で、IoTって結局何?」と思う人も意外と少なくない。実際、長野県に住む母親に「IoTってよく聞くけど、何のこと?」と聞かれた際、「工場同士をインターネットでつなぎ生産効率を上げたり、町全体のインフラをネットでつなげ生活を豊かにしたり……」と答えたがあまりピンときていないようだった。ネットに接続している冷蔵庫や電子レンジなどの家電は分かりやすいが、来るIoT時代を説明するには少し物足りない。アッと驚く突飛な物がネットにつながることを伝えないといけない。コンセプトモデルでは現実味が薄いので、実際に商品になっていることも必要だ。

オランダの半導体ベンチャーが開発したパンツ

 「実家の母親が分かるような、あっと驚くネットに接続するモノ……」

 そんなことを考えていた際、オランダの半導体ベンチャー、Lifesense(ライフセンス)グループを取材し、「これだ!」と思う代物に出会った。ライフセンスが開発したネットにつながるパンツこと、「Carin(カリン)」だ。パンツなら恐らく誰もが毎日着用しており、最も身近なモノであることは間違いない。そのパンツがネットにつながると言えば、母親も想像しやすいはずだ。

ライフセンスが発売しているネットにつながるパンツ「カリン」

 一体何のためにパンツをネットにつなげるのかと思うかもしれないが、カリンの概要を説明する前にライフセンスの会社概要について触れておきたい。

 ライフセンスは、IMEC(Interuniversity Microelectronics Centre)というベルギーの半導体研究所出身のバーラー・ポップを中心に昨年7月に設立されたベンチャー企業。IMECの半導体技術をヘルスケア部門で生かすことを目的にスピンアウトした。今年1月に設立した日本法人のライフセンスグループジャパン(LSGジャパン)は、日立製作所出身でライフセンスの共同創業者でもある米山貢氏が代表を務める。「IMECで培った半導体技術を、研究だけではなく実生活、なかでもヘルスケア部門で活用したいと考えた」。米山代表はIMECからスピンアウトしライフセンスを創業した背景をこう語る。