住まいのアナロジーとしての墓

 ただし、戦後から高度成長期に都市部への人口流入が増え、その層が高齢化した現代、墓の在り方に「歪み」が生まれてきた。地方で生まれ育ったが都市部で就職する人口が爆発的に増えた。人口動態という観点とは別に、この人口移動をもって近代以降を「生まれた地域と死ぬ地域が異なるようになった時代」と捉えることもできるだろう。

 これは「住まい」のアナロジーとして表現できる。「家墓」=「戸建ての一軒家」である。3世帯住居は当たり前で、住まいという箱を血縁で守ろうとする時代があった。

 逆に都市部では住宅が全く足りなくなった。戦後の住宅焼失もあって住宅不足が一気に顕在化した。戦後復興院によれば、1940年代後半の住宅不足数は450万戸。早期の大量供給が国の大命題となり、この課題は高度成長が始まる1950年代から1960年まで続くことになる。

 限られた土地の中で戸数を増やさねばならないという制約の中で、住宅の“発明”が生まれた。国家事業だった公営住宅の建設にあたり、政府は日本建築家協会(当時の建築設計監理協会)に標準設計の作成を委託。多くの建築家がアイデアを出す中で生まれたのが、後に「51C」と呼ばれるようになる案だった。現代日本の住宅の原点とも言われるものだ。

 正式名称は「公営住宅標準設計C型」。当時、建築学で提唱されていた「食寝分離」と「就寝分離」の原則を当てはめた結果、壁やふすまによる区切りと、食事ができる台所(=ダイニングキッチン)が生まれた。現在では「2DK」と呼ぶ間取りである。それまでの日本の伝統的な住宅に、ダイニングは存在しない。台所から離れた居間で食事を取るのが一般的だった。

 1955年に立ち上がった日本住宅公団は、この標準設計をもとに都市部に大量の集合住宅を建設した。2DKは日本の戦後住宅のスタンダードとなり、限られた土地に大量の住まいを生み出していったのだった。

 その後、「DK」は「LDK」へと姿を変え、日本の住宅に当たり前に根付いていった。

 ただし、現代ではニーズは多様化している。LDK型のタワーマンションを好む層がいれば、賃貸で低層住宅に住まいたい層もいる。シェアハウスが誕生し、最小限の専有部があれば共用部で仲間や他人と暮らす方が向いていると考える人もいる。

 この流れは、そっくりそのまま墓にも適用できるだろう。