3月下旬、日本経済新聞に掲載された記事を見て、ある人物の顔が思い浮かんだ。スマートフォンを使ってどんなクルマでも「つながるクルマ」にしてしまうアプリケーションを開発する米国ベンチャー、ドライブモードの上田北斗氏だ。日経ビジネスオンラインでも以前、取り上げたことがある(記事リンク)。新聞記事のタイトルは「ソフトバンク、IoTで新サービス VB8社と車や防犯」だった。

ドライブモードのオフィスはシリコンバレー(サンノゼ)にあるホンモノのガレージ。一般住宅の駐車スペースで開発業務を進める。左から2番目が上田北斗氏で、右から2番目が共同創業者でCEO(最高経営責任者)の古賀洋吉氏

 さっそくスカイプで連絡を取ってみた。
 「お久しぶりです」
 「ご無沙汰しています」
 日本時間の午前11時。ドライブモードがオフィスを置く一般住宅のガレージをバックに、上田氏がパソコンの画面に登場した。オフィスがあるサンノゼはサマータイムになったばかりで、午後7時だというのに外からの明かりが緩やかに差し込んでいた。

 ソフトバンクの関係者も昨年、このガレージにやってきたという。ちょうど同時期、ソフトバンクは革新的な技術やビジネスアイデアを持つ異業種企業と組むことで新しい価値(ビジネス)を創造しようとする「Softbank Innovation Program」を始めていた。審査に通過した企業とソフトバンクが組み、新事業の開発を手掛ける。そこで必要になるテストマーケティングの環境や費用はソフトバンク側が用意する、というものだ。

 対象領域は、「スマートホーム」「コネクティッド・ビークル(つながるクルマ)」「デジタルマーケティング」「ヘルスケア」の4分野。同プログラムの存在を知ったドライブモードは、すぐに応募。一次選考を通過した。今後は、ソフトバンクと共にテストマーケティングを実施し、商品化するかどうかはソフトバンクが年内の最終選考で決めるという。

 とはいえ、ドライブモードの事業自体はソフトバンクとは関係なく、米国などですでに始まっている。ここで少し、その内容を紹介したい。