ジャパンディスプレイ(JDL)が公開した有機ELの試作パネル。ディスプレイを曲げた状態で画面が表示されている。

 いま、ディスプレー業界のもっぱらの話題と言えば、有機EL。

 米アップルがiPhoneに採用する見通しが明らかになってから、関連市場はバブルの様相を呈している。

 韓国サムスン電子やLGディスプレーは新工場の立ち上げや増産投資を加速、日本でも、ジャパンディスプレイ(JDL)が「今後最も力を入れていく事業」と位置付けているほか、話題の鴻海(ホンハイ)精密工業もシャープの技術を活かし有機ELパネル市場に参入する計画だ。政府の資金援助で液晶パネル工場を立てまくっていた中国メーカーも、建設中の工場設備の一部を有機EL用に変えることを検討していると言う。住友化学や出光興産などの素材メーカーも、関連する部材の増産体制を整えている。猫も杓子も、有機ELだ。

アップルは前倒し採用の動きも

 アップル側から正式な発表はないものの、同社が有機ELを採用する方針であることはほぼ間違いない。ディスプレーや装置、材料メーカーには、2015年夏頃からその意向を伝えていた。

 足元では、有機ELの採用時期を前倒ししようとする動きもある。当初は2018年に発売するモデルに採用予定だったが、「1年早く供給できないか」と関連メーカー各社に話をしているという。iPhone販売台数の伸び率が鈍化するなか、一部機種限定ではあるが早期に有機ELモデルを発売し、勢いを取り戻す起爆剤にしたいと考えているようだ。