カキやサクラマスを陸で育てる――。
日本各地でそんな新しい動きが広がっている。手掛けるのは西日本旅客鉄道(JR西日本)や近畿大学で、それぞれ地元の企業・自治体とタッグを組んでの取り組みだ。一風変わった養殖の実態に迫った。

JR西日本は地元企業のファームスズキなどと組み、カキ「オイスターぼんぼん」を陸上養殖する。(写真:橋本 真宏)

 昨年12月。瀬戸内海に浮かぶ大崎上島(広島県)で、新しい養殖の取り組みが報道陣に公開された。お目見えしたのはカキ。JR西日本が地元の養殖販売会社ファームスズキ、飲食店経営のオペレーションファクトリー(大阪府)と組み、養殖した。名前は「オイスターぼんぼん」。生食向きの高付加価値カキという。

 陸なのになぜ養殖できるのか。そして風変わりな名前の由来は――。日ごろ水産業に何かと関心がある記者は、最初にその存在を聞きつけて、真相を知りたいといても立ってもいられなくなった。無事に取材の機会を頂き、担当者の説明を聞いて納得がいった。

地下海水で養殖

 オイスターぼんぼんの最大の特徴。それは「陸上養殖」という独特の養殖法にある。水産物の養殖は、湾内に仕切りを設け、流れ込む海水を使いながら育てる海面養殖が一般的。ところがこのカキでは、くみ上げた地下海水を、塩田跡の養殖池に張って育てている。地下海水はろ過されているため、海水に比べて不純物が少ない。こうしてノロウイルスに感染するリスクが低く、生食向きのカキが育つ。

 オイスターぼんぼんは「ぼんぼん(お坊ちゃま)のように大切に育てられたカキ」を意味する。養殖池でじっくり育てられたカキのイメージにピッタリだ。オペレーションファクトリーが運営する、東京・新宿駅や大阪・梅田駅の近くにあるオイスターバーで、昨年12月から数量限定で販売した。

 JR西日本は2017年度まで5年間の中期経営計画で「地域との共生」を掲げる。西日本の地域産品の発掘・流通にも力を注いでおり、水産物の陸上養殖にも乗り出した。

JR西日本が鳥取県と養殖する「お嬢サバ」。今年は新たな設備も稼働予定で、需要の拡大に応える(写真:大亀 京助)

 同社の陸上養殖の先駆けとなったのが、生で食べられるサバ「お嬢サバ」だ。2012年に鳥取県が試験養殖を始め、2015年からJR西日本が参画。共同で生産・販売に乗り出している。現在は鳥取県栽培漁業センター(湯梨浜町)で養殖を進める。

 陸上養殖の基本的な仕組みはオイスターぼんぼんとほぼ同じ。「箱入り娘のように陸上で大切に育てられ、(寄生虫のアニサキスなどの)悪い虫がつかない」ことがブランド名の由来だ。