山陰の古都・萩に、荒くれ者の漁師軍団を率いる若手女性リーダーがいる。水揚げした魚の加工・流通販売など6次産業化を進めて地元漁業の経営を立て直してきた彼女が、新たに進めようとしている地方創生ビジネスとは。

萩の漁師を率いるGHIBLIの坪内知佳社長(左)(写真:阿部 卓功、以下同)

 女性リーダーの名は坪内知佳。山口県萩市の日本海沖に浮かぶ大島(同市)を拠点に、漁業を営むGHIBLI(ギブリ)の社長だ。

 日経ビジネスでは2016年12月19日号の特集「次代を創る100人」の1人として坪内氏を紹介した。今回、記者が坪内氏を改めて取り上げたいと思ったのは、その一風変わったプロフィールと、起業家としての柔軟な発想力に注目したからだ。

 坪内氏は1986年生まれ、福井県出身。名古屋外国語大学を中退。結婚を機に萩市に移り住んだ。翻訳と経営コンサルティングの事務所を開いていたところ、経営に苦しむ地元の漁師から相談を受けた。それをきっかけに、漁業に関わるようになった。2011年、地元の漁師ら60人を束ねて、まき網漁の「萩大島船団丸」を設立。2012年に代表に就き、2014年からGHIBLIとして法人化した。

 鮮魚を船上で箱詰めし、飲食店などに直接販売する「鮮魚BOX」、漁師のまかないから生まれた高級干物「船上一夜干し」「寒風一夜干し」の製造販売は、事業資金などの補助を受けられる6次産業化法の総合化事業計画に認定された。水揚げした魚を取引先に直接出荷するスタイルは、今や他の多くの企業が参考にしている。

 このほど都内を訪れた坪内氏に会い、漁業経営に携わった経緯や、地域振興への思いを聞いた。

「やっぱり海が好き」

 「私、小さい頃は『カモメになりたい』と本気で思っていました。海の近くで生まれ育ったわけではありませんが、空を飛んで、自由に色々な場所に行けるのが憧れでした。子供ながらにそれはさすがに無理だと分かって、次になりたいと思ったのが船乗り。でも『女性がなるものではない』と親に言われ、仕方なく諦めました」

 「次にパイロットを考えましたが、これも断念。そこで客室乗務員になろうと、大手航空会社でアルバイトをしながら勉強しました。突然、病気になったのはそんな時。3ヵ月間療養し、ふと人生を見つめ直したんです。『このまま社会のレールに乗っていっていいのかな』と。客室乗務員になる目標をやめて結婚して、萩の素晴らしい景色に出会うことができました」

 「コンサルティング会社を設立して仕事していたら、漁業の話が来て。漁業なんて関わったことなかったけど、色々とお手伝いを始めて気がついたら社長です。『ああ、やっぱり海が好きなんだな』と思いました。色々と寄り道しましたが、原点回帰ですね」