エアレースの王者室屋氏が語る福島と航空の未来

室屋義秀(むろや・よしひで)
1973年生まれ。中央大学入学と共に航空部に入部。エアロバティックのパイロットとなって世界曲技飛行選手権の日本代表などを経験。2003年にはNPO法人ふくしま飛行協会の設立に参画。2009年と10年にレッドブル・エアレースに参戦。同レースの一時中断を経て、2014年のレース再開から2018年までは連続参戦し、2017年には世界チャンピオンのタイトルを獲得。

閉じる