韓国大統領選を目前に控え、支持率調査において安哲秀氏が文在寅氏を抜いた。有力な候補を見いだせない保守層が、親米路線を鮮明するとともに、保守党との連携にも柔軟な安哲秀氏を支持し始めたことが背景にある。