寡黙な応援者を忘れずにいよう

 私ごときの仕事が続いている、ということは、つまり、どこかで誰かがあなたの仕事ぶりを評価してくれているはず、ということだ。

 自己肯定を求めて現場に執着するのは負け戦への近道だ。
 真面目に働いている貴方には、すでに肯定してくれている人が必ずいるはずだ。

 同じエネルギーを使うなら、権力相手に苦心するよりも、評価してくれる人たちとの交流に時間もエネルギーも使ってほしい。人は他者のために闘ってはくれないが、そのかわり、人はじっと見ている。

 寡黙な応援者を私は信じてきたし、どうやらそれが正解のように思う。
 そして権力を誇示する人間につかまったら「去る」。

 ノーを突きつけた向こうにある権力者たちが自省することなくして、女性活躍も少子化解決も若者の労働問題も、解決は不可能だと私は言いきれる。

 だから、去ればいい。
 そして、居心地のいい場所があなたの労働を捧げるべき場所だ。

遙洋子さん新刊のご案内
私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ

私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ

ストーカー殺人事件が後を絶たない。
法律ができたのに、なぜ助けられなかったのか?
自身の赤裸々な体験をもとに、どうすれば殺されずにすむかを徹底的に伝授する。