入るには…

 自立支援型有料老人ホームを見学、体験してわかったことがある。

 私が欲しいと望むものは、高級リゾートホテルではなく老人ホームにあった。

 栄養管理士が本気で作った、"美味しい"料理。

 過去、私が筋トレでジムにはまっていた頃に使用した、本格的ジム器具とトレーナーの常駐。誰かと喋りたいと願えば、喫茶店のカウンターの向こうには"喋るために"存在する女性スタッフたちがいる。

 ああ・・・老人ホームに入りたい・・・。では仕事はどうするのか。健康になって、それで?

 通うのか、山から都心に? 通えるのか? 何歳まで?

 パンフレットを隅々まで読んだ。友人のタレントにも声をかけた。

 皆、歓喜の声をあげた。皆、日々の食事に困り、もっと困る高齢先輩女性たちとご一緒することも負担で、また、実家の親の介護も気にかかる世代の人たちばかりだった。

 親や高齢者のための老人ホームではなく、自分のための老人ホーム、という発想は、これまでなかった目からうろこの視点だった。

 毎日栄養を管理された食生活を10年送るのと、やっとやっとで自炊する10年と、老後の健康には自ずと差が出るはずだ。

 さあ、どうする。入るか・・・

 入居条件を見た。

 65歳以上、となっていた。

 ・・・嗚呼、まだ入れない。早く歳を取りたい!と思うなんて、とても不思議な気持ちだ。

遙洋子さん著書のご案内
私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ
私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ

ストーカー殺人事件が後を絶たない。
法律ができたのに、なぜ助けられなかったのか?
自身の赤裸々な体験をもとに、
どうすれば殺されずにすむかを徹底的に伝授する。