ご相談

 最近の職場に、実は違和感を抱いています。パワハラ研修などの成果でしょうか、上司たちは専ら部下に気を遣うばかりで、何というか「良い緊張感」がなくなっているような…。なごやかな雰囲気が悪いわけではありません。パワハラがいいとも思いません。しかし、自分が若い頃に感じた「ピリッとした緊張感」は、それはそれで意味があったと思うのです。「厳しい上司と必死の部下」の関係の中で学んだことはたくさんあります。繰り返しますが、パワハラがいいと言うわけではありません。ああ、この私の違和感、うまく伝わりますでしょうか…。(40代男性)

遙から

 このコラムで以前書いたテレビ番組『バイキング』に出演することになった。他人事として冷静に批判やエールを送るのと違い、今度は我が事となったわけだ。

 もう芸歴の長い私だが、どの番組に出るかということは、番組の状況によって日光浴に行くのか、戦場の最前線に行けと言われるのかくらいの温度差がある。日光浴系の番組とは、すでに視聴者に視聴習慣がついており、試行錯誤をせずとも何十年と生き続けられる番組だ。安定した視聴率の数字もついてきているので、そのまんま継続すればいい。つまり、尖らなくていいし、穏やかさが求められる。

 それに比べ、戦場系番組とはその名の通り、数字取り合戦の真っただ中の番組のこと。それも微妙に劣勢の番組ほど必死度が高い。あの手この手で他局が安定した数字を確保する中、視聴者を"横取り"するための陣取り合戦なのだから。ダメなら?終わるだけだ。

「死ねや!死ねや!」

 戦国時代に例えると、討死、だ。タレントは「ダメだったタレント」として烙印を押されるし、制作会社は外されるし、生き残るのは正社員のテレビ局員だがこれも"うまくできなかった人"という経歴がついて回る。バイキングとはまさしくそういった合戦中の真っただ中の番組だった。さしずめ戦国武将はメインパーソナリティの坂上忍氏ということになる。

 かつて、司馬遼太郎の描いた戦国紀には合戦に出る武士たちに武将が「死ねや!死ねや!」と言って戦いに追いやるシーンが書かれてある。"死ねや"とはつまり、死ぬ気で戦え、生きて帰ろうとするな、死にに行け、という意味があったと書かれてある。

 私の場合、なぜか関西の番組でもこういう死ぬ気で挑んでいかねば数字を取れない系の仕事が多く、消耗するぶん、結果、二桁の数字が取れた日にはスタッフたちと大宴席で乾杯するほど、まさしく「今回の戦は勝った」ことにやっと息がつげる思いを共有するのだ。

 そんな私が番組を見ていて、「この武将は本気だ」と画面を通して伝わったのが、坂上忍氏だった。