どの医師に質問されても「はい。快調です」と答えてきたから全員がスルーしてきた話題。だが、整骨医がゆっくりお腹を触り、「腸の動きがよくない」と判断した。そして事実、サプリの効果をいきなり味わったのだ。

 あまりの感動にさっそく女子会で「このサプリすっげー」と話をすると「私も飲みたい」という。

 便秘だという自覚がなかった私が「うそ!」と思ったくらいだから、便秘気味の人ならどれほど喜んでくれるだろうとウキウキしつつ次回のお茶会の感想を待った。そして、顔を見るなり「どうだった?」と聞くと、「それが」と表情が曇り、「もっとでなくなった」と言う。

 驚いて、整骨医に質問した。「なぜ私には翌朝に効果を感じられるものが、他の女性だと症状を悪化させるのでしょう」。

 整骨医は「便秘はサプリだけで解決するものではありません。何を食べているか。水を飲んでいるか。腸にちゃんと水分が回っているか。ストレスがないか。睡眠がしっかりとれているか。腸内細菌はどうか。運動量はどうか。全部が影響するのです。遙さんの場合、あとは食物繊維の刺激だけで効果が出るほど他が揃っていたということです。ご友人が本気で便秘を治したいなら細かく診察します」と答えた。

友人たちの人生を徹底リサーチ

 なんと身体とは奥深いものだろう。私にはハンパなく効き、友人には悪化させるという間逆の展開に、友人女性にリサーチしないではいられなくなった。

 2人の女性に、朝起きてから寝るまでの間に、何を食べ、いつ、何を飲み、何をして過ごしているのかを詳細に聞いた。寝る時の室温や睡眠時の体調まで、他人の生態に土足で踏み込むくらい聞いた。

 リサーチには3時間かかった。そして驚くべき違いを私は発見したのだ。

 まず私の話から始めよう。
 朝起きてすぐ強いコーヒーで脳を覚醒させる。日光を浴びるためにベランダで飲む。朝食もベランダ、歯磨きもベランダだ。朝食は野菜、フルーツ、タンパク質、オイル、だ。水分は午前中だけで1リットルくらいは飲んでいる。とにかく朝は浴びるように水を飲み、日光も浴びる。