ご相談

同世代でも、すっかり老けたタイプと、若々しいタイプとがいます。この違い、いったい何だと思いますか?

(40代女性)

遙から

 私は今、専門家の指導で食生活やライフスタイルを見直している真っ最中だ。
 これが新鮮で新鮮で面白くてたまらない。

 今の私の関心事は世界情勢より自分の体内情勢。朝何をしたら夜どうなって、翌朝どう変化したか、を毎日毎日意識的に試行錯誤し、挑戦を繰り返していると、なんと面白いオモチャかと感心することが少なくない。飽きないのだ、己が身体に。

 目的は何か? よくあるダイエット云々ではない。そもそも私はダイエットを必要としていない。目的はただひとつ。“健康な身体を獲得する”だ。

 その代表的なチェック項目のひとつに、“便秘か否か”がある。

女子会に於いてもタブー

 女子会と言えども「私便秘なのよね」までは言えても、「で、1回で何割くらい排泄できていると感じる?」と話題を深めてみると女性たちは一様に口ごもり、質問の意味も理解できていなかったりする。

 なんでも喋る女子会と言えどもそのテーマが便秘で、それを深め、広げてトークする、ということはまだタブーな領域なのだと感じる。

 だいたいCMでも便秘解消系のものは「もう、朝からすっきり」とか「つるんとすべるように」とかいうものばかり。「もう幸せで」とかまで言われると「お前の排泄に誰が興味あるか」と怒りすら感じてくる。そもそも自分が便秘ではないという自覚が反発感情を生むのかもしれない、と思っていた。

 だが。

 整骨医が私のお腹を触り、「もっと腸の動きをよくしましょう」と処方された食物繊維系サプリを摂取した翌朝、「自分は便秘だったのだ」とガツンと気づかされるハメになった。