ここからは仮の話だが、私の経験上、ほぼ当たっていると思う。

 もし、ゲストが男だったら、こうは言わなかったはずだ。

 このオッサンは男同士というだけで相手を立て、けん制もし、敬意も払う。相手がオンナとなればその肩書がどうであれ、密着したけりゃするし、咳したけりゃするし、愚痴を吐きたければ吐く。

 オッサン要件その13 結局、男が好き。

 そして、来客のいる前で、平気で部下を責める発言をする。一連の振る舞いをみているから今更驚きはない。なぜここで、という感覚はない。

 再び仮の話だ。きっと、このオッサンは、新幹線で、飛行機で、タクシーで、レストランで、周りの人に迷惑をかけている。大小いろいろと。見たワケではないけれど。

 そして周囲の人は、きっと心の中でツッコんでいる。

「ここはあんたの部屋か?」

 オッサン要件その14 公共の場は俺の部屋。

 「オッサンの部屋」から脱出した私はタクシーに乗り込み、ドッと倒れ込んだ。

 体調が悪くなった。無理したせいだ。数時間オッサン漬けだったのだ。神経が参ってしまい身体にも影響が出た。

 「なぜ、日本では、海外のように me too の声が広がらないんでしょう」という取材を新聞社から受けた。あったりまえじゃないか。me tooなんて口に出そうものなら即排除されるほど、相変わらずオッサンはそこかしこに、いる。

 被害者は反撃の力を奪われ、それ以外は事なかれ。

 かくして、オッサンは生き残る。

遙洋子さん新刊のご案内
私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ
私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ

ストーカー殺人事件が後を絶たない。
法律ができたのに、なぜ助けられなかったのか?
自身の赤裸々な体験をもとに、
どうすれば殺されずにすむかを徹底的に伝授する。