イベント開始の挨拶は、もちろんオッサンの晴れ舞台だ。

 ニコニコとマイクを握る。そして、私をステージに招く。

 …はずが、私の名前を言えず、覚えておらず、パンフレットを探し、そこから私の名前を探し、やっと、今日のゲストとしての私の名前を言えた。

 オッサン要件その10 人の準備にはうるさいが、自分は苦手。

 私は呆れながらもステージに上がる。そして、そのオッサンをイベントの間、ずっといじり続けた。

 イジメ? 仕返し?

 いやいや、そうではない。それはオッサンがそういうことを好きなのを知っているから。

 オッサン要件その11 かまってほしい。

 だから、かまってあげた。ずっと仕事の間中。そして、仕事が終わっても。

 仕事後、また私の控室には、直立不動の部下たちと、誰も座ることなく準備された10人分の椅子とテーブルに、私の隣がもう俺の席、とばかりにオッサンが座る。

 オッサンが部下に尋ねた。

 「何人、客が入ったんや」

 「900人です」

 「なんや、1000人いかんかったのか」

 オッサン要件その12 配慮を知らない。

次ページ  オッサン要件その13 結局、男が好き。