全4026文字

 自ら働くということだけでなく、社員を雇うということも、それぞれにリスクがあることを思い知る。

 同時に、それを踏まえた上で、“ひとり”の持つ力の絶大さをも思う。会社を立て直す改革者だったり爆発で失う社員だったり。いずれにせよ、たった“ひとり”のなせるワザだ。

 “ひとり”が会社を救い、“ひとり”のせいで会社はつぶれる。1人であることは無力ではない。1人の威力たるや、あなどれない。

 かくいう私も、ずっと1人で仕事をしてきた。執筆業は1人の作業であることはもちろんだが、芸能界での仕事もまた、究極、よい仕事を突き詰めたら、“ひとり”になった。よくタレントが大勢の事務所スタッフを引き連れて局を闊歩する姿を見ることがあるが、私はそういうスタイルをストレスに感じ、いかにいい本番を迎えるか、のみに集中したら、やがて全スタッフを外し、1人で局入り、1人でメイク直し、1人で衣装を着替える、というスタイルになった。

低空飛行な人生でも悔いはない

 これを私はとても気に入っている。なぜなら、私以外のだれか1人の“うっかり”ミスからくる“爆発”レベルの被害に巻き込まれるリスクが小さいからだ。たったひとりの連絡ミスが自分の信用を無くし、たったひとりの口のきき方が私の大事な仕事相手を怒らせる。その火事の鎮火作業に追われ本番が始まる頃には電池切れ、という苦境から脱出できたのは、「自分ひとり」の力を信じてこれたこともある。

 1人だから、出世もなければ、組織的営業活動もない。結果、低空飛行のまんまの20年だったが、そこに後悔はなく、労働環境のリスクやストレス排除という意味では、1人であることくらい自由でのびやかな労働スタイルはないと自負している。

 私に最も似合う働き方は、つまりは限りなくフリーターに近い働き方だ。そして、出会い、だ。

 企業という枠にとらわれず、「この人、優秀だ」と思える人物たちとのみ繋がっていく。