(写真:アフロ)

 観光や(あまり好きな言葉ではないが)6次産業化を通じた地域の活性化、もっと言うと、自分の住む地域への誇りを育む上で、とても大事なもの。それは担い手の皆さんの「センスの良さ」であり、それを生む「文化」だ。これが前回のコラムのテーマだった。

 長野県山之内町のWAKUWAKUやまのうち、同県東御市のヴィラデストと千曲川ワインバレー、この二つを「文化に触れて、センスを磨いた」人々が作る魅力的な場としてご紹介したわけだが、今回は岡山と広島での体験について書いてみたい。

 まずは、今年10月から11月にかけて、岡山市で44日間にわたって開催された岡山芸術交流。

 単にアート好きな人を岡山市内に呼び込むだけでなく、複数の場所にコンテンポラリーアートを設置し、鑑賞できるようにすることで、市内に人の流れを作る。こういう思いで、ストライプインターナショナルの創業者、石川康晴さんが自ら総合プロデューサーとなり、地元の数多くの人を巻き込んで、ついに実現させたアートの祭典である。

 ラッキーなことに石川さんご自身にご案内いただき、いくつかの見どころを回らせていただいた。

芸術祭の仕掛け人を動かした小学生時代のアート体験

 岡山市立オリエント美術館、林原美術館という伝統的なアートを展示してきた場に、コンテンポラリーアートが闖入していることの面白さ、あるいはビジネスホテルの壁を一面アートに仕立てたり、普段見過ごしている地下通路から生えている塔をポップな色のアートに変身させたり。

 あるいは、お城の石垣に接した駐車場スペースに、複数の大学で建築を学ぶ学生たちに新しい建築デザインとしての屋台を作るチャンスを提供し、そこで地元の料理人さんたちに何品かのメニューを提供してもらう。

 こういった具合に、市内のあちこちに、へえ、と思わせたり、うーむ、とうならせたりする仕掛けを埋め込むことで、大げさに言えば「街が変身した」感覚を生んでいたのが、大変面白かった。

 ただ、一番印象に残っているのは、「小学生のころ、大原美術館に行き、そこで名画を見て、自分も絵を描く、という授業があった。その時の体験がなかったら、いまこんなふうにアートを愛してなかったろうし、地元で芸術祭的なことをやろうなどとは思わなかっただろう」という石川さんの一言だった。

 倉敷紡績の社長、中国銀行の頭取などを務めた大原孫三郎氏が創設した大原美術館、あるいは、ベネッセホールディングスの福武總一郎氏が、直島、犬島、豊島に展開したベネッセアートサイト直島。

 岡山出身で事業に成功した先達たちは、将来世代を含む地元のために美術館を作るという大きな貢献をなした。それが、地元でアートに触れて感動する、という子供たちを数多く生み、その中から「自分たちの代でもやらなきゃ」という思いで、新たなアートの場づくりにトライする石川さんのような若手経営者が出てくる。この素晴らしい長期的な循環をつなぐ要素は、やはり文化の力だろうと思う。