現代人の多くは便利さや快適さと引き換えに自分の情報を引き渡しているが、悪用される可能性に無頓着な人が少なくない。(写真:アフロ)

巨大企業があらゆる情報を手に入れ活用する世界

 シリコンバレー出張の帰路、機内で「ザ・サークル」という映画を見た。日本でも11月に公開されるようだが、デイブ・エガーズの小説を基にしたこの映画、米国では2015年のシアトル・フィルム・フェスティバルで初公開されたものだ。

 ネタばれになってしまってはいけないので、詳細を書くことは避けるが、FacebookとGoogleを合わせたような巨大SNS企業を巡り、デジタル社会の暗部が描かれる一種のディストピア物語である。トム・ハンクスが演じるカリスマリーダー率いるCircle(サークル)という企業は、すべての個人情報を透明化することで、犯罪を減らし、政治家と有権者の行動を変える、さらには海での事故等も減らせる、と主張し、その方向でサービスを拡大していく。

 随分前に、ジャック・アタリが『21世紀の歴史』(作品社)という本の中で、すべての個人情報が保険会社に集まる未来社会を描いていたが、この映画の中では、ネット企業が情報を手に入れ、活用する立場に立つ。

 この情報入手の「みそ」は、個人が自らの情報を積極的に提供する仕組み作りだ。理念や価値観を通じたエモ―ショナルな働きかけ、「便利さ」「効用」による行動づけ。さまざまな人を動かすインセンティブ・ディスインセンティブが使われていく。

自ら進んで個人情報を提供してしまう仕組み

 このあたりの具体論は、映画をご覧いただくとして、「個人に関する情報がどんどん蓄積されていく社会」、「個々人が自分の情報を喜んで提供する社会」のメリット・デメリットについて、いろいろと考えさせられる映画だった。