ワインは嗜むが日本酒はよくわからない、と言う海外のワインドリンカーの友人たち。彼らにも、素直に受け入れられる「酸がきちんと立ち、その上で旨みとバランスがとれた」タイプの日本酒が、最近明らかに増えてきている。この手のものは吟醸香も控えめなものが多く、味自体と相まって、油脂を使った料理や肉にも合わせやすい。要は、日本食以外の食文化の中でも「食中酒」としての地位を獲得しやすいのだが、これまでの「フレッシュな冷酒、すなわち食前酒」というパターンがこれを邪魔している。

 さらに言うと、赤でも白でも、本当に良いワインは複雑性を持っていて、これに対抗していくには、うまく熟成した古酒の持つ複雑性が大きな武器になるはずだ。これに、燗酒という日本酒文化独特のソフトが加われば、ハイエンドのユーザーにとっても、「ワインの代わりに少し飲む」「よくわからないが、寿司と合わせるには良さそうだから、その時だけ少量飲む」というレベルではなく、「日本酒文化とその楽しみを深く知りながら、メインの食中酒として飲む」という対象となり得る。

SAKEは「資産」にできる

 第二の理由は、古酒、すなわち長期ストック可能な日本酒を通じたSAKEの「資産」化の可能性である。海外、特に欧州では富裕層が、その資産の一部をワインとして保有するということが、半ば常識化している。相続時の税メリットがあるような税体系になっている国が数多くあることが大きな理由だが、もちろん前提として、ワインの特長とそれを取り巻く市場の整備がなされていることが重要だ。

 ボルドーやブルゴーニュ、あるいはピエモンテ、トスカーナ。有名産地のワインの中には、必ず長期間の熟成に耐える長命なワインが多数存在している。また、熟成期間、様々なタイミングでこれらのワインを売買する市場もある。

 作られて、短期間に消費されて終わり、というフロー型のワインが量的には大部分だが、金や美術品同様「長期保有可能な資産、かつ一定の流動性がある」という「ストック資産」として扱われるワインもあるのだ。当然、これらのワインは相対的に高価格であり、生産者も長期保存が可能な作りをし、それに見合った価格で販売している。

 ワイン同様、全ての日本酒がそういうわけにはいかないが、熟成を前提にして作られた酒質の日本酒は、ストック資産になる可能性を秘めている。日本酒ブームに沸きながらも、着実に全国の蔵の数が減少し続けている現在。ワインと比べると、技術的な困難度も高いのに、最高品質のものが一升瓶数千円で売られることが普通である日本酒の実現価格の状況。これらを考えると、このストック市場化のポテンシャルを看過するのは、あまりにもったいないと思う。

 最初にご紹介したIWCのSAKE部門、その中での古酒カテゴリーを見ると、超甘口のデザートワイン的なものから、食中酒として最適かつ熟成で複雑性を増していくものまで、様々なものが同じ土俵でコンテスト対象になっている。