南アフリカでは4月下旬、最低賃金に抗議するデモが起こった(写真=ロイター/アフロ)

 地政学リスク分析で知られる畏友イアン・ブレマーが、4月末に米国で新著を出版した。6月中旬には日本でも翻訳版が出版されることとなり、その日本語版解説を頼まれたので、一生懸命原著を読んでいる。

 タイトルは、“US vs THEM“。日本語にすると「私たち 対 彼ら」あるいは「俺たち 対 あいつら」という感じだろうか。自分の属するグループとそれ以外を峻別し、対立構造を作り上げることを言う。

 イアンは、『自由市場の終焉:国家資本主義とどう闘うか』(2011年、日本経済新聞出版社)で、中国・ロシアを中心とする国家資本主義の台頭を指摘。続けて、『「Gゼロ」後の世界:主導国なき時代の勝者はだれか』(2012年、日本経済新聞出版社)では、経済的には米中二極体制となる世界で、どちらも世界秩序の維持に汗をかかなくなるという「G2」ならぬ「Gゼロ」という不安定な時代の到来を予測していた。どちらのテーマについても、その後、彼の分析の通りの展開を示しているが、これらは世界のマクロな構造についての分析であり、著書であった。

 今回の“US vs THEM“では、各国国民の心の中にある「自分たちの生活が向上しない」という心理的不満と、それを巧みに「彼ら、あいつらがその原因だ」と煽り、みずからの権力獲得に利用しようとするポピュリスト政治家の心理戦術、についてが主題である。ある意味、ミクロな心理の動きの集合、がテーマと言ってもよいだろう。もちろん、これらが世界の構造的リスク要因になるというマクロ視点につながることは言うまでもない。

中間層に広がる「俺たち 対 あいつら」

 詳細は、日本語版発売後ぜひお読みいただきたいと思うが、今回のマクロ、ミクロのつながりを述べた内容の中で、大変興味深いのは、これから不安定さを増す可能性が高い12カ国を明示的に述べ、それぞれの国について、国民(特に中間層)の心の中で、“US VS THEM“という訴えが力を持ち得る要因について述べている部分だ。

 先進国、中進国、開発途上国の違いはあれど、数多くの国が、「格差や不平等の拡大」に対する不満の相当な高まりに直面している。さらに、今後、AI(人工知能)活用やロボット化を含むオートメーションがもう一段進展する中で、中間層のうち、雇用・賃金面でのダメージを受ける人々が相当数出てくる。

 10年近い世界的金融緩和に支えられてきた資産バブルはどこかではじけるだろうし、中国をはじめとする新興経済の拡大に合わせて上昇を続けた資源価格は調整に入っており、それに頼ってきた資源型経済の国々は、大幅な国家的収入減に見舞われている。そもそも、税を通じた分配システム、あるいは教育による格差固定防止策がうまく機能しなくなっている国も数多い。