ネットワーク社会へのアクセスが日本企業の課題

 さて、デジタルを中心とした技術革新が進み、ビッグデータ、AI、ロボットを含めた非連続的変化が起こるタイミングが近づいている現在、日本企業が自前主義を超えて、「シリコンバレーを活用」する形で、イノベーションを起こすことが重要だという論を見聞きする機会が増えてきた。私自身もその通りだと考えており、シリコンバレーを巻き込んだオープンイノベーションを実現できる企業が、大きな価値を生む確率は高いと思う。

 もしそうだとした場合、「究極のネットワーク社会」であるシリコンバレーの中核的ネットワークに、どうやってアクセスし、そこで市民権を得るか、というのが、日本企業の大きな課題となることは間違いなかろう。

 もともとは、インテルなどの半導体から始まり、HPそしてアップルといったコンピュータ関連、ネット関連に拡大していったシリコンバレーのイノベーションネットワーク。いまでは、フィンテック、バイオといった分野でも数多くの才能とお金をひきつけ、世界でも類のないイノベーション・クラスターになっている。ここの「インサイダー」になり、兆しの段階から新しい技術とビジネスの構築に参画することは極めて重要だと考えられる。

 京都の「一見さんお断り」の世界では、中に入っていくためには、そのネットワークの中で信用されている紹介者が必要だという。まったく同じではないだろうが、シリコンバレーでも、まずはネットワークへの紹介者となり、その中をナビゲートしてくれる存在が不可欠だ。日本発の現地ベンチャーキャピタルをはじめ、そのような役割を果たしている組織と個人はいくつかあるようだ。

 その中でも、オキモトさんは、シリコンバレー・ネットワークの中心であり続けているスタンフォード人脈を通じて、日本企業のお世話を続けてこられた人物だ。ただ、これは基本的にボランティアベースでやってこられたことなのだが、昨今のシリコンバレー詣ブームの中で、とてもではないが、個人でやり続けるのは無理だ、と述懐しておられたのが印象深かった。

シリコンバレー・ジャパン・プラットフォームという試み

 たとえば、両者をつなぐために主催するディナーには、1年間で500人以上の参加者がいるのだそうだが、すべてポケットマネーで行っておられる。また、単に日本企業の求めに応じて、ネットワークの要路を紹介するだけで済むのではなく、日本の大企業の組織文化とシリコンバレーの行動原理との大きなギャップを埋めるために、信じがたいほどの時間がかかるのだそうだ。

 オキモトさんご自身のご両親が山口県と福岡県から移住した宣教師夫婦であり、その遺言として残された「日米をつなぐ役割を果たせ」という言葉を胸に、超人的努力を積み重ねてこられたのだが、そろそろ限界に近付いているというのも、むべなるかなと思う。

 この状況を打開するために、米日カウンシルと日本の有志で今、シリコンバレー・ジャパン・プラットフォームというNPOを立ち上げる試みが始まっている。企業からの寄付をベースに、オキモトさんのような個人的努力を組織的な仕組みにするプラットフォームを作ろう、という動きだ。

 日本の企業社会で、直接的な企業投資ではない寄付を募るのは容易ではないだろうが、日本がこれからのイノベーションの波に参画し、グローバルな課題解決に貢献するためには非常に重要なことだと思う。是非この動きは応援したいと思い、私自身もなんらかの形で関わらせていただき、貢献したいなと思っている。

 うまく行った暁には、京都の友人に頼んで、シリコンバレーと京都をつなぐ楽しい催しをやりたい、というのが、最近のささやかな願いでもある。

 ご興味ある向きは、今後出てくるシリコンバレー・プラットフォームの情報をご覧いただければ幸いです。