京都出張の際のささやかな楽しみは、帰りの新幹線に乗る前にお弁当を買い込み、車中で一杯飲みながら、それをいただくことだ。豪勢な気分を味わいたいときは、伊勢丹の地下2階、銘店弁当の売り場で紫野和久傳の鯛やぐじのお寿司の入ったお弁当(すぐ品切れになってしまうのが玉にキズですが)を、軽めで美味しいものを少し食べたいときは、駅ビル内SUVACOのはしたて(これも実は和久傳さんのグループ)で季節のおばんざい的なものを買っていくのが定番。単品でがっつり、という時には、同じく伊勢丹地下2階の奥にある朽木旭屋の鯖寿司を買うことが多い。

 さて、最近、京都とシリコンバレーは似ているところがあるな、と思う機会があった。きっかけは、米スタンフォード大学の名誉教授ダニエル・オキモトさんのお話を伺ったことだ。オキモトさん曰く、「シリコンバレーは、究極のネットワーク社会。個人と個人のつながりが非常に強く、誰の紹介か、誰が支援やエンドースをしているか、が大きな価値を生むところだ」という。

 京都も似たようなところがある。私自身は学生時代を過ごしただけで、そのネットワークの内側にはいないのだけれど、花街のお茶屋さんの紹介システムなどを見聞きするたびに、「ここでは、誰から紹介してもらうか、から始まり、ネットワークのインサイダーになれるかどうかが、本当に深い部分を経験できるかどうかの分かれ目だ」という風に感じている。

 シリコンバレーの場合、ベンチャーとイノベーション、というのが、価値創造の中心であり、speed/agility/nimbleness(素早さ)、innovation through cross-field collaboration(異質の分野の融合によるイノベーション)、mechanics to support risk-taking(金融面も含むリスクテイクを支援する仕組み)がその強みの源泉となっている。

 こういった特徴は、当然ながら官僚的なチェック機構から出てくるものではない。信頼できる個人同士のつながり、そしてその中での「この人が言うなら、リスクは通常より低い」という前提があってのスピード感であり、リスクテイクまで含めたエコシステムが形成されているからこそのことであろう。

 中規模ながら、動きが早く、ユニークな強みを持つ京都の企業群にも似たようなところがある。