「四層構造」で追い詰める日本のいじめ

 確かに、これはあくまでも「大人社会が子ども社会に伝染する」という仮説に基づいた考え方であるとともに、ひとつの調査結果に過ぎない。

 しかしながら、1980年代に欧米に先駆けて始まった日本のいじめ研究では「四層構造」なるものがすでに確認されていて、当時から「大人も一緒」との指摘が相次いだ。

 四層とは、いじめられる人、いじめる人、はやしたてる観衆、無関心な傍観者の4つの役割を示す。欧米のいじめでは強いものが弱いものを攻撃するペッキングオーダー(pecking order)タイプが多いのに対し、日本で発生するいじめは四種類の人間で構成されることが多かった。

 さわらぬ神にたたりなし。いじめを目撃しても「自分には関係ない」と放置したり、遠くから乾いた笑いを浮かべながら見守ったり……。確かにこういった態度を取るオトナは多い。ときにはこういった態度が、「オトナ」と評されることもあるように思う。

 いずれにせよ、四層構造では強者からの攻撃だけでなく、観衆や傍観者からの無視や仲間外れといった、集団内の人間関係からの除外を図るいじめが多発しやすく、いじめられている当事者は「自分が悪いのでは?」と自分を責める傾向が強まることが確認されている。

 これまで私のインタビューに協力してくれた方の中には、上司からパワハラを受けていた人が何人もいた。そして、多くの人たちが「パワハラを受けているうちに、“自分が悪いのでは?”という気持ちに苛まれた」と心情を明かしてくれた。

 ある人は、パワハラを先輩に相談したところ「まぁ、がんばれよ」と励まされ、
 ある人は、同僚に「ああいう人(上司)だから気にするな」と慰められ、
 ある人は、人事部に「あなたにも何か問題はありませんか?」と内省を求められた。

 彼らはその「一言」に傷つき、自分が悪いのか?と責めた。

 上司の理不尽な態度に戸惑い、苦しみ、勇気を出して相談したのに
「相談しなきゃよかった」と後悔し、
「他の人たちも自分をダメな人間だと思っている」と感じ、
とてつもない疎外感に襲われたそうだ。

 もちろん誰だって、自分がターゲットにはなりたくないし、関わりたくないという気持ちが勝ることもあるだろう。

 しかしながら、そんな見て見ぬふりをする同僚たちの行動が、“彼ら”をさらに追い詰める。

 会社という組織では、能力や会社への貢献度が、必ずしも正当に評価されるわけではない。また、膨大な業務に襲われ、時間的余裕もなく、自分のことで身も心もヘトヘトになり、他者を受け止める余裕などもてなくなることだってある。

 そんなとき、つい傍観者になってしまうこともあるかもしれない。感情が理性を凌駕する、とでも言おうか。しかしながら、傍観者は加害者と同意だ。「排除されていない人は包括されている」とは社会学の巨匠ゲオルク・ジンメルの名言だが、オトナ社会にこの言葉ほど示唆を与えるモノはないのではあるまいか。