今回は、「平成のトラック野郎」についてアレコレ考えてみます。

 先日「なんでやねん」と、思わずつぶやいてしまった判決が下された。

 定年退職後に再雇用され、同じ内容の仕事を続けた場合に賃金を引き下げることの是非が争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は11月2日、引き下げを容認する判断を示したのである。

 訴えていたのは、運送会社に再雇用された嘱託社員のトラック運転手3人。彼らは2014年に60歳の定年を迎えた後、1年契約の嘱託社員として再雇用された。仕事内容も責任も定年前と変わらず、セメントを運ぶ仕事だった。

 にもかかわらず、年収は3割ほど下げられてしまったのだ。

 5月に行われた東京地裁の一審判決では、「仕事や責任が同じなのに、会社がコスト圧縮のために定年後の賃金を下げるのは不当」と判断。また、この会社について「再雇用時の賃下げで賃金コスト圧縮を必要とするような財務・経営状況ではなかった」として、正社員と非正社員の不合理な待遇の違いを禁じた労働契約法に違反しているとし、正社員との賃金の差額計約400万円を支払うよう会社に命じた。

 ところが高裁では、「企業は賃金コストが無制限に増大することを避け、若年層を含めた安定的な雇用を実現する必要がある」と指摘。

 また、定年前と同じ仕事内容で賃金が一定程度減額されることについて、「一般的で、社会的にも容認されている」との判断を示し、一審判決を取り消し、原告の請求を棄却したのである。

 原告側代理人によると、運送業などでは定年退職者を再雇用した場合に同じ仕事のまま賃金を下げる例が多く、判決後に記者会見した原告男性(62)は「納得できない。最高裁でたたかう」としている。

 私は言うまでもなく法律は門外漢。なので、法律的な解釈について意見することは控える。

 だが、「一般的で社会的にも容認されている」からってナニ? 本当に、年収の3割減額が社会的に“容認”されているのか? こんなの今のトラック業界で認めちゃったら終わりだ。 一番星の“桃次郎”も泣いているぞ。

 なんせ、50代前半でも「若い!」と言われ、賃金も年々下がり、「キツイ、稼げない、危険」の究極の3Kになっているのだ。