日立製作所は、人工知能(AI)が社員個人に対して、幸福感を高めるアドバイスを与える社内実験を行っている。

 「いったい、どんな仕組みなの、それ?」「そもそも、AIに人の心をスッキリ解析されてたまるものか!」「この研究のリーダーである矢野さんって、どんな人なんだ?」

 当コラムの著者、河合薫さんが、たくさんの「?」を携えながら、押っ取り刀で日立製作所研究開発グループ技師長の矢野和男さんを直撃。果たして、「?」の謎は解けたのか。それとも、返り討ちに遭ったのか…。

 「前編」に引き続き、「幸せ」を巡る2人の熱いラリーをお届けする。(編集部)

前編から読む)

河合:幸せな集団には「揺らぎ」があるというお話でしたが、これってどういうことなんですか?

矢野:会社の中はひとりではないですよね。いろいろな人と多かれ少なかれ、何らかのかかわりを持って生きている。すると動きにも、周りと連動する動きが出てくるわけです。

 例えば、座って話を聞いている、あるいは話をしているといったときにも、本人が気づかないところで「無意識の動き」のリズムが表れる。いっぺん動いて、すぐ止まる場合もあれば、動きだしたらずっと続けてしばらく動いている場合もあります。それらの長さのばらつきがたくんさんあると、その人はどんどん幸せになっていくんです。

河合:ってことは(オフィス見渡して)、今は不幸せですよね。みんなパソコンに向かって、動いてないですから(笑)

矢野:いやいや、あれは動いているんですよ。

矢野 和男(やの かずお)さん
1984年早稲田大学物理修士卒。同年、日立製作所入社。現在、日立製作所研究開発グループ技師長。工学博士。IEEE フェロー。

河合:あれで、ですか? 

矢野:無意識に、常に動いたり止まったり、必ずしています。今、お話ししてる動きとは、「無意識な動き」のことです。この動きの計測には、腕に装着するタイプではなく、首からぶら下げるものを使っているんです。これはX、Y、Zのどっち向きにどのくらい動いたかというのを計測しています。

河合:う~~む。なんだかまた、混乱してきました。………。じゃあ、たとえば起きました。朝ご飯を食べます。そうすると活動量が上がってきます。それで昼間、ご飯を食べるとちょっとだらっと動きが鈍くなります。夕方になると、5時から男でちょっと元気になってきます。新橋でガンガンに盛り上がります。で、帰宅すると下がってきます。と、こういう動きを、揺らぎって考えればいいんですか。

矢野:全然違います(笑)

河合:(ガクっ)

矢野:それはあくまでも、動きの量の多い少ないの話ですね。量とは別のところに、本人ではコントロールできない無意識の動きの揺らぎというのがあるんですね。

河合:揺らぎというくらいですから、規則的な動きが、一瞬乱れるような感じでしょうか?

矢野:そうですね。はい。とにかく幸福感の高い人たちというのは、無意識にいろいろな長さの動きを示すんです。

 ただし、その動きはひとりで勝手に動いているわけではなくて、周りの人たちの動きと連動するリズムを持っているんですね。