(写真=ロイター/アフロ)

 先週、オリックスの宮内義彦チェアマンとの対談「その1」を公開した(「その2」は来週公開です)。

 で、いつものようにコメント欄を読んでいると……、今さらながらわからなくなった。

 正社員の既得権益、経営者の既得権益、既得権益を変える、既得権益化、既得権益を捨てろ、既得権益層、既得権益が通じない、解雇されない既得権益システム、既得権益をぶっこわす、日本の遅れは既得権益から起こっている、一見既得権益はないように見える、既得権益、既得権益………。

 そうなのだ。コメント欄に散在する「既得権益」という言葉を見て、混乱した。
 「既得権益って何なのだろう?」と。

 メディアでは連日、日産や神戸製鋼所の問題が報じられていて、それを見ながらも「既得権益」という言葉がよぎるという困った有り様で。

 私の脳内には常に、ウサギやらタヌキやらおサルが動き回っているので、自分では200%わかって使っていたつもりの言葉がわからなくなることは往々にしてある。今回も“1人パニック状態”に陥ってしまったのだ。

 ちょうどそのとき。
 「西室泰三氏、死去」との速報が流れた。

 西室泰三氏、享年81歳。

 1996年に東芝の社長に就任し、2000~05年に東芝会長も務め、01年から経団連副会長、地方分権改革推進会議の議長、財政制度等審議会の会長など政府関連の要職を歴任。05年には、株式上場を目指していた東京証券取引所の会長となり、売買システムの障害で当時の東証社長が引責辞任後は社長を兼任。13年6月には、日本郵政の社長に就任し、西室さん自身が「郵政民営化プロセスの集大成」と位置づけていた日本郵政と傘下金融2社の株式上場を15年11月に実現させ、16年に体調を崩し、社長を退任した。

 その西室さんが、亡くなっていたことがわかったという。

 私にとっての西室さんは、これまでお会いした方の中で、誰よりも心に残っている方で。

 2007年、東証の会長をなさっているときにインタビューをさせていただいたのだが、そのときの西室さんの語りは私が歳を重れば重ねるだけ深みを増し、西室さんが紡いだ一語一句は今もなお鮮明に記憶している。


河合:経営面での取材は何度もお受けになったことがあると思いますが、きょうは経営者としての西室さんじゃなく、人間、西室泰三に迫ります!

西室:おやおやおや、何となく恐ろしいことですね(笑)。

河合:ご自分の今までの過去を振り返っていただき、当時のお話を私のほうからいろいろ質問させていただきますので。

西室:はいはい、どうぞ。

河合:それで自己分析をしていただきたいと思っております。

西室:自己分析をするわけ? 大変だ。いやぁ、こんなの初めてだな(笑)


 ……インタビューをテープ起こしした原稿をハードディスクから探し出してみると、当時の私はこんな具合に相当に無鉄砲で、今以上にストレートというか、ぶっ込むというか。

 人間的にも、職業人としても、研究者としても未熟で、海のモノとも山のモノとのわからない存在だった。そんな私を西室さんはとても広い心で受け止めてくれた。
 あとにも先にもあんな方にお会いしたことはない。

 その西室さんがここ数年、批判を浴びるようになってしまったのはホントに悲しかった。