盛り土問題で揺れる豊洲新市場(写真:ロイター/アフロ)

 「豊洲新市場の盛り土問題」について次々と事実が明るみになり、“関係者”とされる方たちのコメントが、続々と報じられている(以下は9月16日時点で報じられている情報です)。 

□「僕はだまされたんですね。結局、してない仕事をしたことにして予算を出したわけですから。その金、どこ行ったんですかね?
 どうしてやってないことをやったとするのか。現場の人間しか分からないのに。手を抜いたわけでしょ」
(元東京都知事で作家の石原慎太郎氏、BSのテレビ番組にて)

□今日のTBS「ひるおび!」のバックに映っている年表(写真)を見ればわかりますが、僕が都知事就任直後に安全確認のため、土壌汚染対策工事の工期及び市場施設の竣工時期の1年間延期を指示しています。再開は辞任後です。
(石原都政を引き受けた猪瀬直樹氏。Twitterにて。証拠写真と共に。)

□「技術会議はあくまでもどうやったら工事ができるかを考えるところであり、安全性の評価は専門家会議の役割」
(都庁の幹部)

□「9月に入って外部から指摘があって問題を認識し、対応を検討していた」
(議会やホームページなどで、実態と異なる説明をしてきた担当者)

 なるほど。みなさん、自分の責任ではないと。み~んなみ~んな、責任回避のオンパレードだ。

 まぁ、これだけ連日連夜、「なぜ、こんなことが起こった? いったい誰の責任なんだ?」と騒がれれば、

「お、オレじゃないよ~~! だって、◎×▲※▽だし~」

と、言いたくなる。“真犯人”に断定されたら、それこそ一巻の終わりだ。

 問題が問題だし、都の説明を信じていた築地の方たちの心情を考えれば、責任追及は当然のこと。

 だが、ここ最近の世間の、集団リンチをも連想させる“犯人探し”といったら、グロテスクなまでに攻撃的。「責任を追及すること」が何よりも大切で、ものごとを解決するには、“悪者”探しが極めて重要と考える風潮に、私は少々辟易している。