体操界がパワハラ問題で揺れている(写真:PIXTA)

 8月29日に行われた体操女子選手の記者会見。

 「権力に支配される体操協会ではなく、選手一人ひとりが純粋に強くなれる環境にしてほしい」

 こんなにも重たくて切ない言葉を、18歳のアスリートがカメラの前で主張しなければならない異常事態に「またか」と強い憤りを覚え、「全部嘘」と言い放った塚原光男副会長には心底呆れ果てた。
 と同時に「パワハラ」というシンプルな言葉がもつ複雑さを改めて痛感した。

 つまり、権力者塚原夫妻のパワハラ疑惑問題にだけ、スポットを当ててしまうのはちょっとばかり違うよ、と。

 そもそもの騒動の始まりは、この体操女子選手を指導していた速見祐斗元コーチのパワハラ疑惑だ。

 日本体操協会による経過報告では、

  • 7月11日 速見コーチのハラスメントに関する通報(調査依頼)が入る
    7月22日 協会によるNTC(ナショナルトレーニングセンター)のトレーニングでのパワハラの事実調査
  • 7月23日 第1回懲戒委員会の開催
  • 7月30日 速見コーチへの聞き取り調査(弁護士同席)。パワハラの事実を認めた。反省している
  • 8月8日 懲戒委員会に付議するに足る事実が確認できたため、第2回懲戒委員会にて対応を決定。常務理事会にて懲戒委員会提案を審議の上、決議
  • 8月13日 速見コーチに懲戒処分通知を発送
  • 8月15日 協会より、ニュースリリースを発表
  • 8月16日 女子選手の保護者と面談(渡辺栄事務局長)。今後の選手に対する指導その他対応を協議

 で、5日後の8月21日。この女子選手の代理人弁護士が、彼女の直筆の文書を発表。内容は、速見コーチは頭をたたくなどしたが、選手本人は被害を訴えていないとしたもので、協会が暴力行為を認定した根拠や、重い処分を執行したプロセスに不自然さがあるとしたものだった。

 「オリンピック金メダルという目標は速見コーチとだからで、他のコーチとでは私の望むことではないし、意味がありません。」(選手の直筆文書より)。

 8月23日には、日本体操協会は東京地方裁判所より、“指導者の地位保全仮処分命令申立事件”の通知書を受領(8月31日速見氏取り下げ)。

 そして、8月29日。女子選手が記者会見し、コーチの暴力行為を一部認めるものの「パワハラではない」と主張した上で、塚原夫妻から受けた「パワハラ」を告発。今回の騒ぎとなったのである。