障害者だけの問題ではない

 障害学(disability studies) ――。

 これは、1982年にアーヴィング・ケネス・ゾラたちによってアメリカで創始された学問で、その後イギリスでもマイケル・オリバーを中心として大きく発展し、日本では2000年代に入ってから、徐々に広められている。

 私の専門の健康社会学は、個人と環境の関わりにスポットをあて、健康(単に病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態)について考える学問だが、障害学も同じように社会モデルに基づく。

 つまり、障害学とは、従来の医療モデルが「障害そのもの」にスポットを当てるのとは異なり、「障害を生み出す社会について考える」学問である。

 先日、日本における障害学の第一人者である、東京大学先端科学技術センターの福島 智教授のお話を聞く機会があった(教授は、3歳で右目、9歳で左目を失明、18歳のときに突発性難聴で失聴した、全盲ろう者)。

 福島教授いわく、「身体に障害を持つ人が、“障害者”と区別されるようになったのは、産業革命と大きく関係している」のだと。

 産業革命によって、大量生産構造に適合できる「歯車としての人」が誕生した。歯車としての人は、生産性を上げることだけを目的に存在し、短時間で、効率的に、いかなる要求にもこたえられる、バリバリ働ける「人」が標準になった。

「生産活動にプライオリティをおいている社会である以上、障害者は社会における“無駄な人”。より効率的、目的合理的に行う社会活動の潮流が進めば進むほど、その中で無駄だと見なされる人の位置はシリアスになりうる。どこまで社会を効率化する必要があるのか? 立ち止まって考える必要があるのではないか?」

 福島教授はこう訴える。要するに、障害者(=身体に障害がある人)という概念は、「正当に働けない人を見分けるためのものでしかない」のである。

 何が普通で、何が普通じゃないのか。何が障害で、何が障害じゃないのか。「個人」の問題とされている当たり前を、「社会」の問題とするとほのかな光が見えるように思う。ただ、闇は想像する以上に深く、早々に解決できるものではない。

 だが、上記の「障害者」という部分を、「高齢者」「病を患った人」「働きながら介護している人」「働きながら育児をする人」「外国人労働者」などと置き換えても文章は成立する。

 アナタの「まなざし」は何を見つめていますか? 私も今一度、考えてみます。 

この記事はシリーズ「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。