「障害そのものは、何も特別なことではありません。でもあなたの障害に対する意識について考えることは、あなたを特別な存在にします」

 障害に対する意識――。みなさんは、この言葉の意味がわかるだろうか?  

 実はこれ、2014年12月に32歳で亡くなった、車椅子のジャーナリスト兼コメディアンのステラ・ヤングさんが、常に私たちに問うてきた有名なフレーズである。

 ステラさんは生まれた時に、「骨形成不全症」という骨の成長障害であることがわかり、医師からは「1歳まで生きられないかも知れない」と宣告されたという。だが、その後、車椅子で走り回る元気な子にすくすくと育ち、オーストラリアのディーキン大学に進学。メディア論と教育学を学び、高校の教師になった。

 亡くなる数年前からは、障害アクティビストとして活躍し、「気の毒な障害者」という従来の概念を打ち破る率直な発言で人気を集めた。ときにシニカルに、ときに非情なまでに冷静に紡がれた彼女の言葉からは、「社会」への痛烈な批判を感じ取ることができる。

 ここでいう「社会」とは、私たちの障害への“まなざし”。いや、「私」の障害へのまなざし、である。

 そのイビツさを物語るような紙面が、7月21日の日本経済新聞に掲載された。

 左上に
「不安強める障害者 『全力で守る』支援団体が声明」

の文字がデカデカと踊り(声明についてはこちらをご覧下さい)、

その右下に、
「職場の障害者虐待 15年度は970人」

という記事の見出しが、こじんまりと申し訳なさそうに記されていたのだ。記事の内容は以下のとおり。

 障害者を雇用する事業主や職場の上司など、いわゆる「使用者」からの虐待が認められた障害者は前年度比100.8%増の970人と、過去最悪を更新したことが、厚労省の集計で明らかになった。

 虐待の内容は、賃金不払いなどの経済的虐待が855人と最も多く、次いで心理的虐待が75人、身体的虐待が73人、放置等による虐待が15人、性的虐待が10人。心理的虐待、身体的虐待ともに昨年より大幅に増えていることが明らかになった。

 虐待をしていたのは事業主が450人と最も多く、次が所属の上司の48人。所属以外の上司が2人、その他が19人だった。

 「おまえがいなくなれば楽になる」などの暴言を上司から吐かれ、頭を拳やへらでたたかれるといった事例が報告されている。