今回は「仕事」について考える。

 先週の月曜日(7月10日)、漫画家のくりた陸さんの訃報が Yahoo!ニュースに掲載された。

【訃報】「ゆめ色クッキング」など手がけた漫画家くりた陸さん死去 7月発売雑誌にはがん闘病漫画が掲載

漫画家のくりた陸さんが7月4日早朝に亡くなった。10日、くりた陸さんのTwitterアカウントが「長らく病気と闘ってきたくりた陸ですが、7月4日早朝に、息を引き取りました」と発表し、くりたさんと縁のある関係者や出版社も訃報を伝えている。
くりたさんは1982年に「少女フレンド」でデビュー。「ゆめ色クッキング」「くじらの親子」「オレの子ですか?」などの漫画を手がけてきた。

2003年には乳がんの宣告を受けた、くりたさん。2011年に発売された漫画誌「フォアミセス」(秋田書店)で、宣告された当時の心境を描いた自伝漫画「陽だまりの家」を執筆していた。

7月3日に発売された漫画誌「フォアミセス」8月号(秋田書店)にも、末期ガンで闘病中だったくりたさんが手がけた読み切り漫画「娘とともに…」が掲載された。

秋田書店「エレガンスイブ」編集部の公式アカウントによれば、くりたさんは「フォアミセス」8月号の巻頭カラーを描き上げた後に永眠したという。

なお9月15日には「娘とともに…」、「陽だまりの家」が併せて収録された「~乳がんに襲われ余命宣告を受けた少女漫画家の家族への手記~陽だまりの家」が発売される。

 くりた陸さんが亡くなる6日前の6月28日。私は入院する彼女の病室にいた。
 ベッドのテーブルには、ほとんど手を付けてない昼食、ペットの猫ちゃんの写真、少女漫画本が2冊、Macブック……。

 話すのもやっとだったアノ状態で……、「フォアミセス」8月号の巻頭カラーを描き上げた後に永眠した」だなんて……。なんと言えばいいのだろう。ただ、最後まできちんと仕事できてホントに良かったと思う。

 2年前に亡くなった川島なおみさんも、竹田圭吾さんも、みな最後まで「仕事」の場に身を置いていた。

彼女は20年来の友人でした

 5月末に書いたコラムの中で(「がんに勝ったのに生活破綻、そんなのあり?!」)

 「『自分はがんだから、仕事なんてしなくても良いんだ』なんてことを思った事は、一度もありません。余命宣告を受けたときも、退職させられたときも、1回もない。本当に1回もないんです」

 と語る“がんサバイバー”の女性を紹介したとき、コメント欄には彼女の言葉の真意を汲み取れないコメントが散見されて……、批判覚悟で正直なことを書くと……がっかりしたのです。

 仕事が日常に組み込まれていると、「仕事」というものがどんな意味を持つのかに鈍感になる。かくいう私も、仕事の境界線の内側にいる人間のひとりだ。

 そこで今一度「仕事」について思いを巡らせてみようと思った次第だ。

 話が前後してしまったが、そう、くりた陸さんは、私の20年来の大切な友人である。
 趣味の「バレエ」で、同じ教室に通っていたのだ。

 今から遡ること15年前。突然彼女からメールが届いた。
 「乳がんが見つかったの。薫ちゃん、どうしよう」と。