今回はいつか書こうと思いながら、なかなか書く機会のなかったことを取り上げようと思う。

 テーマは……、仕事、雇用、高齢化、介護、家族、教育、人権、差別、自立――。

 この現代社会のキーワードすべてがテーマでもあり、見る角度によって景色が大きく変わる問題……。今、こうやってパソコンに文字を打ち込みながらも、どれをテーマにすればいいのかわからないくらい、私の脳内も混沌としている。

 ただ、“そこ”での経験はあまりにも衝撃的で、“そこ”は「ニッポンの縮図」で。知っているつもりの無責任さ、当たり前と思っていることの恐さ、無意識の“壁”を痛感させられた。

 はい、そうです。“そこ”とは、「塀の中」。あの塀の中です。

 昨年、縁あって累犯受刑者や暴力団員が入所する刑務所を訪問したのだが、“そこ”には今私たちが直面している社会問題が、そのまんま存在していたのである。

 なので、私が実際に見て、感じて、考えたことを、できるだけストレートに書き綴るので、みなさんもそれぞれの視点で考えてみてください。

私が“塀の中”にお邪魔したきっかけ

 きっかけは、ある日届いた一通のメールだった。

「私は○○刑務所で、キャリア支援を行っています。この刑務所は、累犯受刑者や暴力団員が入所する刑務所です。通常のキャリアカウンセリングでは対応が難しいため、試行錯誤をしながらテキストを作成したり、道徳的な授業に取り組んでいます。

 

 刑務所内でのキャリア支援は、再犯を防ぐ為にとても重要です。

 安倍内閣は、増え続けている出所後2年以内の再犯率を今後10年で20%減少させると共に、実協力雇用主を今の3倍に増やすという、数値目標を打ち出しています。

 この刑務所も少しずつですが、離職率や再犯率が下がりつつあります。ただ、犯罪を繰り返す者はさまざまな問題をかかえています。この刑務所で仕事に関する講義をする担当者は私ひとりです。相談する相手もなく、自己流です。

 河合さんのように、専門でキャリア研究をされている方のアドバイスを伺えたらと、思い切って連絡をしてみました。機会があれば是非、刑務所へのご訪問も検討してください」

 お恥ずかしい話ではあるが、私はそれまで再犯率が上がっていることも、塀の中でキャリア支援というものが行われていることも、協力雇用主という制度も、仕事に就いていることが再犯率を下げることも知らなかった。仕事と生きる力の研究やコラムを散々、書いているのに、情けないことだ。

 ただ、何か私にお役にたてることがあるなら、と思い、塀の中にお邪魔したいと即返信した。

 基礎情報だけお伝えしておくと、一般刑法犯全体の再犯率は平成9年以降、一貫して上昇を続け、平成26年には過去最高の47.1%に達している(平成27年版「犯罪白書」)。また、仕事に就いている人の再犯率が7.6%であるのに対し、無職者は28.1%と4倍にもなる。また、刑務所に戻る人の7割超が無職であることもわかっている(平成21~25年度「保護統計年報」)。