で、これらを分析した結果、大企業の中間管理職の人たちは……、

 「やる気があり、自分の能力に自信があり、会社に対する批判精神も強く、ものの見方が柔軟で、部下の思いやりがあり、部下の能力開発、交渉力、適応力などが高い。上司に積極的にゴマスリはしない」

 と、自己評価していることがわかった。

 さらに、自己評価と役職(役員、部長、課長など10段階)との関係を分析した結果、役職が高い人ほど、運のよさへの自信、能力への自信、交渉力、決断力、批判精神などの得点が高いことが示されたのである。

 そして、ここからが論文の中核になるわけだが、先の35項目と昇進との関連を統計的分析したところ(いずれも統計的に有意だった項目)、

● 学歴、及び、早い時期での評価が圧倒的に重要
● 交渉力、運への自信、指導力、昇進意欲などが重要
● 忠誠心、明るさは関係ない
ということが明らかになり、
● 責任感や几帳面さは、昇進にマイナスに作用する
と、35項目の中で、「責任感」と「几帳面さ」だけが、統計的に有意に昇進のマイナスに作用していたのだ。

無責任には2種類ある

 ついでに、調査対象6社別々の分析を紹介すると以下のようになった。

日本電気- 忍耐力、計画力、批判精神などが重要
日立製作所- やる気、押し、社交性、闘争心などが重要
東芝- 柔軟な考え、計画力、批判精神が重要。責任感はマイナスに作用
三井物産- 交渉力、運への自信、体力などが重要。
三菱商事- ほとんど関連なし。強いていえばモチベーション。
日商岩井- ほとんど関連なし。強いていば運への自信。

 ふむ。企業別では、唯一、東芝だけ「責任感」がマイナスとは。統計分析では、N(分析する人数)が減ると有意になりづらいという特徴がある。つまり、企業別にすると必然的に各々のNも減る。それでも東芝だけ、有意に「責任感がマイナスだった」という事実は、昇進との慣例性の強さを伺わせる結果と解釈できる。

 なんか……「わかる!」というか、「やっぱり~!」と言うべきか。
 至極納得。

 確かに責任感の高い人は正義感も強いため、自らの責任に加え、他者への責任追及も厳しいので、やっかいな存在といえなくもない。
 組織でおこる問題の多くは、たったひとりの人物が原因である場合はごくまれ。ひとりが正直に告白することで困る人も少なからずおり、実際には嘘をつきとおす人のおかげで責任追求を免れる人も存在する。

 多かれ少なかれ日常の業務の中にも、嘘や責任逃れは横行しているので、そういう人は案外、上司や周囲から重宝がられ、良い意味での忖度ができる“使える人”に成り上がる。
 組織の不正をリークした人が社内では悪者扱いされたり、左遷されるのとは対照的だ。

 いずれにしても冒頭に書いたとおり、「無責なヤツほど出世する」という結論は海外の多くの研究で示されていて、この論文結果はそれらを追証しているのだ。

 ただ、欧米では、責任感を個人のパーソナリティ特性と明確に位置づけ、無責任は「他責型」と「無責型」に分けて考えるのが一般的だ。

● 他責型は「人を責める」「人のせいにする」タイプ
● 無責型は「自分の関わりを否定する」タイプ のこと。

 例えば、菅官房長官や山本・地方創生担当相は、他責型。安倍首相や萩生田官房副長官は、無責型といったところだろうか。
 米国企業のトップの7割は、このどちらかに属するともされていると指摘する研究者もいる。