「必死でやってきた」人ほど再出発しやすい

河合:私が教えている学生たちにはいつも、「少なくとも3年は、目の前のことを必死でやれ」と言っています。それこそ、「石のうえにも3年」ですけど。ある程度の期間は踏ん張らないと、やっぱり基礎ができませんから。

 ただ、どうしても我慢できなくなったら、そのときは逃げろと。そう言うと、不思議なことに、学生も納得して頑張るんですよね。

楠木:どんなことでも一定のレベルに達するにはやはり時間がかかります。サラリーマンがいきなりフリーで食べていくのはかなり難しいですよね。やはり準備の期間が必要です。突然会社を飛び出してうまくいっている人は少数だと思います。

河合:本当にそうですね。何も守ってくれるものがないですから。必死です。1円稼ぐことの難しさといったら、ハンパないです。能力とかの問題ではなく、覚悟の問題です。フリーの立場である私が言うのも何ですが(笑)

楠木:だから、「行き詰ったから辞める」と安易に考えるなら、それにはあまり賛成できない。本当はもっと多様な選択肢があります。

河合:いつでも辞めることはできますからね。ただ、心が動いたら「1,2の3~で飛び込んじゃえ~!」という潔さも必要です。丸裸になってみると、やるしかないので底力が出ます。

楠木:先ほどもちょっと話しましたが、左遷って、悪いことばかりじゃないんですよ。一度立ち止まって、人生を考え直すうえでのいいきっかけになりますから。

河合:会社員としてずっと全力で走ってきていて、本来ならその後の人生について考えなければならない時期に入っているのに、「気が付かないふり症候群」になっている可能性もありますしね。

楠木:多くの場合、走っている――というよりは、「走っている気になっている」と言う表現の方が、正しいかもしれません。私自身の会社人生を振り返ってもそうです。

 ただ、それなりに「走ってきた」という実感がある人の方が、転職したり、次のステップに踏み出しやすい面があります。

河合:そうかもしれない。

楠木:会社の仕事にどっぷりつかった方が、組織との距離感を測りやすいですから。またいい意味であきらめもつきやすく、方向転換しやすい。

河合:だからやっぱり、目の前のことはきちんと丁寧にやっておいた方がいい。