今回は「見過ごされる問題」について、取り上げようと思う。問題の全体像を捉えるためにちょっとばかり表やグラフが多くなるので、どうかご了承のほどを。

 先週「2017年版 自殺対策白書」が公表され、「若者の自殺率(※)の深刻さ」と「女性の自殺率の高さ」を指摘。メディアは厚労省の発表どおり、この2つの問題点を見出しをつけたうえで大々的に報じた(※自殺率、自殺死亡率とは、人口10万人当たりの自殺者数のこと)。

一番大きな問題は?

 若者の自殺率の高さはこれまでにも問題視されてきたが、特に20代の死因のほぼ半数が「自殺」というのは、かなりの衝撃である。2位の「不慮の事故」の3~4倍。欧米の主要国の同年代の若者はいずれも事故死のほうが多く、これは極めてゆゆしき事態である。

死因順位別にみた年齢階級・死亡率・構成割合
出典:厚生労働省「2017年版 自殺対策白書」、以下同。図表の赤丸は筆者。原本はこちら 本図は「第1-9表 平成27年における死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合」より、「総数」を抜粋
先進国の15~34歳の若い世代での「自殺」と「事故死」の比較
「第1-10図 先進国の年齢階級別死亡者数及び死亡率(15~34歳、死因の上位3位)」

 また、諸外国の自殺率は、総数ではリトアニアが30.8で最も高く、次いで韓国が28.5、日本は総数では6番目に高い。男女別では、男性が12位、女性は3位。