記者会見に臨む日大アメフト部の宮川泰介選手(写真:AP/アフロ)

 このコラムが公開される頃、日大アメフト部の問題はどうなっているのだろうか?

 権力、不正、服従、正当化、自己保身、ウソ、無責任、密室性、心理的抑圧etc……。
 これまで研究者たちが検証を試みた「心のメカニズム」が、見事なまでに再現された“事件”だった。
 内田正人前監督と井上奨コーチの節操なき会見は、「権力が強さではなく弱さに宿る」ことを知らしめる象徴的な会見だったし、先だって行なわれた日大アメフト部の選手の言葉には、「不安という感情が人を弱くも強くもする」ことが赤裸々に表れ、切なかった。

 今回のような事件は、どこの組織でも起きるし、起きてきた。過去には何人もの、“内田氏”、“井上コーチ”、“日大アメフト選手”がいたし、“外野席”にいる私たちも例外じゃない。

 そして、手を染めてしまった“あと”を、左右するもの。
 SOC。Sense Of Coherence。直訳すると「首尾一貫感覚」。

 SOC とは人生であまねく存在する困難や危機に対処し、人生を通じて元気でいられるように作用する「人間のポジティブな心理的機能」。このコラムで何回か書いてきたとおり、SOCは生きる力であり、ストレス対処力だ。

 平たく言うと、どんな状況の中でも、半歩でも、4分の1歩でもいいから、前に進もうとする、すべての人間に宿るたくましさだ。

 真のポジティブな感情は、どん底の感情の下で熟成される。この究極の悲観論の上に成立しているのが、SOC理論である。

 勇気ある20歳のアメフト選手の言動は、SOCを理解する上で最良の教材である。

 そこで今回は、「アメフト事件に学ぶたくましさと愚かさ」をテーマにアレコレ考えてみる。

 本題に入る前に、
 なぜ、権力者はのうのうとウソをつくのか?
 なぜ、権力者に従ってしまうのか?
 について、説明しておく。

 まず、前提として権力者が度々ウソをつくことは、世界の膨大な研究結果が一貫して証明している。

 私たちは一般的に、「ウソをつき、責任を回避すると、イヤな気持ちになる」と考える。ところが、ウソを貫き通すことができると、次第に“チーターズ・ハイ”と呼ばれる高揚感に満たされた状態に陥り、どんどん自分が正しいと思い込んでいくのだ。

 権力者の周辺に漂う「もの言えぬ空気」が、権力者の権力を助長し、やがて権力者自身がルールとなり、彼らは「このウソは必要」だと考え、正当化する。その確信が強まれば強まるほど、チーターズ・ハイに酔いしれ、共感も罪悪感などいっさい抱かない「権力の乱用」が横行するのである。