いったい何のために私たちは働いているのか(写真:ロイター/アフロ)

 また。そうまた、大切な命が会社に奪われた。
 それでも国はのたまう。「生産性向上には裁量労働制拡大が必要だ」と。

 いったい何のための仕事なんだ?
 いったい会社は誰のものなんだ?
 人生を奪うような働き方をさせてまで、“アメリカさん”のいいなりになりたいのだろうか。

 しょっぱなから少々鼻息が荒くなってしまった。今回は「裁量労働制拡大と知られざる文書」について、アレコレ考えてみる。

 先週、東京のIT企業で裁量労働制で働いていた男性会社員(当時28歳)が、くも膜下出血で過労死していたことがわかった。

 亡くなる直前の2カ月間の残業時間は、月平均87時間45分。裁量労働制が適用される前には最長で月184時間の残業があった。

 男性は不動産会社向けのシステム開発担当で、チームリーダーに昇格した際に専門業務型の裁量労働制が適用された。長時間労働は適用前から常態化しており、適用後は徹夜を含む連続36時間の勤務もあった(みなし労働時間は1日8時間)。

 男性はTwitterに、

  • ・やっと家ついたー。この安心感よ。今月も華麗に300時間やー。ねむすぎ。
  • ・ねむい。13時から翌日の18時までってなんなん。
  • ・仕事終わるまであと22時間
  • ・うおー!やっとしごとおわったぁー!!社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めてやがな。

などと投稿。
 家族に頭が痛いと訴えた翌月、自宅アパートで亡くなっているのが見つかったという。

 代理人の弁護士は、
「男性の過重労働は裁量労働制の適用前からだが、適用直後には徹夜勤務があるなど、裁量労働制が過労死に悪影響を及ぼした可能性は高い」 と指摘している。