今回は最近気になっていたことについて、アレコレ考えてみる。

 テーマは、「トップの差」。

 日本経済新聞電子版で、「日本人の残業、元凶は『家に帰りたくない』人たち」(日経ビジネス5月16日号の再構成版)という、ちょっとばかり切ないタイトルの記事が報じられた翌日、ショッキングなニュースがNHKで流れた。

 なんと「過労死ライン」と呼ばれる月80時間を超えて残業をした従業員がいる企業は、全体の2割強に上り、なかでも従業員が1000人以上の企業では6割近くに上っていることが、厚生労働省の調査で明らかになったのである。

 業種別では、情報通信業が44.4%と最も割合が高く、次いで、学術研究、専門・技術サービス業が40.5%、運輸業、郵便業が38.4%。

 また、従業員に対する調査では…

●残業が長い人ほど、メンタル不調者が多い
●残業が長い人ほど、「精神障害の発症・悪化の不安がある」と回答(15.5%)
●残業が長い人ほど、蓄積疲労度が高い

など、長時間労働の“心身を蝕む力”が、改めて確認されたのだ。

 「KAROSHI」が海外で使われる不名誉な“英語”になってから、30年。 今なお「2割超」もの企業が“どうどう”と過労死ライン超えを許しているとはどういうことか。ネットでは「死者が残業代欲しがるか?」と真っ当なコメントが拡散していたけど、調査で明らかになった現状はやはり異常だ。

 日経新聞では、残業を「生産性」から論じ、厚労省の調査では、残業の問題を「健康面」から示した。

 どちらも極めて大事なことだ。

 だが、なんだかとんでもなくやるせない気持ちになった。なぜなら、この2つの記事が、今後さらに広がっていくであろう“企業間格差”を、「残業」というキーワードで、ものの見事に白日の下にさらしたのだ。

残業削減の試み、話を聞くだけで楽しい!

 「残業削減」に努めている企業には、「それをやろう」という強い思いを持つトップがいる。

 午後5時25分に、故・坂本九氏の「明日があるさ」で終業時刻を知らせて帰宅を促すりそなホールディングス、ノー残業デーの日には、午後6時に本社ビルを消灯する味の素、残業を減らせばそれだけ多くボーナスがもらえる大手システム開発会社のSCSK、残業しそうになった社員が周囲の社員に助けを求める「12時ツイート」を実施している電子部品商社のNTW Inc.、残業禁止日には社員に退社時刻を示すマントを着させるセントワークス、残業した社員には徹底した反省会とリポート提出を義務付けた元トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長で、元祖・残業削減のプロ、吉越浩一郎氏……。

 これらはすべて、「残業をなくす意味」を見いだしたトップのいる企業だけがなし得るワザ。

 こうした取り組みは記事を読むだけで、会社の活気とトップの温かさが伝わってきてワクワクする。トップの「何がなんでもやるぞ!」という心意気が、滑稽なまでに伝わってくるのである。

 吉越さんの心のボルテージは、笑ってしまうほど、「すごい!」。

 禁止されている残業をやるわけだから、社員に反省会やレポートを義務づけるのはわかる。違反は違反だし。

 でも、内容に大した問題がなくても、何度でも突き返す。たとえ業務に支障が出ようとも、関係ない。何よりも、レポートを最優先した。

 そんな吉越さんに、「理不尽な仕組みだ」「社長はおかしい」と怒り出す者もいたそうだ。

 まぁ、怒るでしょうね。「なんでやねん!」と。社員たちの憮然とした表情と吉越さんのドヤ顔が、目に浮かんで面白すぎる。まるでコントだ。