なんと遂に「ネッシー」が発見され、死んだはずの「エルビス・プレスリー」がいまだに生きていたことがわかった。まさにミラクル! 凄すぎる! こんな信じ難いありえないことがおこるから、世の中はおもしろい!

 何? 連休明けで、緩んでいた頭のネジが、遂にぶっ飛んだって?

 いやいや、そういうわけではありません。

 「ネッシーを見つけられたら500倍」「プレスリーを目撃したら2000倍(いまだに生存説がある)」という英ブックメーカーのオッズを遥かに上回る「優勝オッズ5001倍」という下馬評を覆し、チーム創設133年目でイングランド・プレミアリーグの覇者となったレスター・シティを取り上げようと思った次第だ。

 といっても、サッカーについて書くわけではありません。 

 人の心模様を業とする私にとって、レスターというチームは実に興味深く。「やがて失速する」と誰もが信じて疑わなかったシーズン中に、ラニエリ監督や選手が語っていた言葉が、ステキすぎて。

 そこで今回は、「レスターに学ぶチームのあり方」をテーマにアレコレ考えてみようと思う。

レスターってどんなチーム?

 まずは「レスターって? ハンニバルかなんかかい?(おわかりにならない方は「羊たちの沈黙」で検索してみてください)」という勘違い+サッカー初級の読者の方のために(←優勝当日まで私はこのレベルでした。すんません)、レスター・シティの基礎的情報をざっとおさらいしておきます。

・イングランドのレスターシャー・レスターをホームタウンとし、1884年に創設されたサッカーチーム。

・昨シーズンの終盤、4月は最下位だったが、最後の9試合で強烈な追い込みを成し遂げ、見事プレミアリーグに残留。

・今年6月に、日本代表FW岡崎慎司選手が移籍。

・その4日後に、残留の立役者だったピアソン監督が解任。

・後任はかつてチェルシーFCなどを率い「ティンカーマン(いじくり回し屋)」と揶揄されたたクラウディオ・ラニエリ氏。ところが、レスターでは「いじらず」、継続路線を選択。

・今回の優勝の立役者とされるのが、ジェイミー・ヴァーディとリヤド・マフレズのアタッカーコンビ。

・ヴァーディ選手はプレミアリーグ新記録となる11試合連続ゴールを打ち立てたが、かつては工場でバイトしながら7部リーグでプレイしていた。

・マフレズ選手は現日本代表監督ハリルホジッチがアルジェリア代表監督時代に高く評価していた左利きの超絶テクニシャン。

・チームの汗かき役の異名を持つ、エンゴロ・カンテ選手は、プレミアリーグで最も多い93回のタックルを敢行(3月16日時点の情報)。

・我らが岡崎慎司選手は、献身的なフォアチェックやプレスバックで敵のパスコースを限定することで守備のスイッチ役として高評価

・サッカーチームの強さを示すポゼッション率(ボール支配率)はリーグ18位、パス成功率がリーグ最下位の20位。

 で、元日本代表FWの中山雅史さんによれば、以下の3点が奇跡につながったそうだ。

1)タックル数リーグ1位の強固な守備力

2)タックルで得たボールを素早く前線につなぐという約束事が徹底されていたこと

3)マフレズとヴァーディの決定力

 他にもたくさんの方たちが勝因を分析していたけど、私が調べた限りでは中山さんのモノとほとんど変わらなかったので、以上でサッカーに関する基礎情報は終わりです。