熊本で地震が続いている。こういったときというのは、正直な話、何をテーマに書いていいのかわからなくなる。

 何か自分にできることはないか、できることをやりたい、という気持ちがあって。他の媒体では、「震災とストレス」について話したり、書いたり、してきた。が、本コラムではどうしたらいいのだろう?と。

 そこでアレコレ考えた結果、今回は基本に戻って「ストレス」について書こうと思う。

 というのも、5月前後は、「自殺者」が増える季節でもある。震災も含め、なんらかのストレスの雨に降られているすべての人にとって、5月という魔の季節の罠にはまらないよう、ストレス対処の基礎知識を役立てて欲しいと考えた次第である。

 まず、下のグラフをご覧頂きたい。これは月別の自殺者数の発生割合を示したもので、春先に自殺者が増えていることがわかる(2011~2015年)。特に30代、40代で多くなり、動機としては、経済的な問題、生活上の問題、仕事上の問題が多くを占める(平成27年「参考図表」(内閣府))。

自殺者数の月別推移(各月の数値は年平均値と比べての割合/2011~2015年)
出所:内閣府

 春~初夏に自殺者が増えるのは、日本だけの現象ではない。しかも、昔からこの不思議な季節曲線は存在し、最初に注目されたのは19世紀。ヨーロッパの医師が発見し、世界中の知識人たちの関心を集めた。

 かくいう私も、生気象学(気象と心身の関係の学問)から、現在の健康社会学(人と環境の関わり方の学問)に進んだきっかけのひとつに、「季節と自殺」があった。修士論文のテーマを「新卒社会人の五月病の追跡調査」にしたのも、このためだ。

 曲線の波は年ごとに若干の違いはあるが、春になると年平均値から10~25%ほど増える。その後はゆっくり下落し、秋になるとわずかな上昇を示すものの、冬になると急下降する。


「約束破りの効果」とは

 「なぜ、春なんだ?ウツ傾向が強まるのは冬だぞ!」

 ウツと自殺の関連の研究が進み、「春の謎」は増々混迷を極めた。

※冬にウツ傾向が強まるのは、「冬季うつ病」「季節性うつ」と呼ばれ、日照不足でメラトニンの分泌量が減ることが原因と考えられている。北欧に顕著に認められる症状。

 なぜ、春に自殺者が増えるのか?

 残念ながら、一貫した回答は得られていない。そもそも「自殺」という最悪の選択は、さまざまな要因が複雑に絡み合って行われるため、その原因を突き詰めるのは極めて困難である。

 ただ、春が他の季節と違うのは、日照時間が急激に長くなること、それがメラトニンやビタミンDの生成量の変化に関係すること、さらには花粉の飛散がサイトカインという免疫物質を引き出し、炎症反応を強める――などなど。これらの自然環境の変化との関連性を疑う意見は根強い。

 その一方で、最近注目されているのが、「約束破りの効果(broken promise effect)」だ。草木や動物だけでなく、実は、人間にとっても春は成長の季節で、春先に「希望」を抱く心理が働き、その希望と現実とのギャップが、自殺の引き金になるのでは?と考えられている。

 つまり、過剰なストレスを抱え、ギリギリの精神状態にいた人が、春のうららかな陽気に「光」を感じ、それが期待どおりにならなかったときに落胆する。「もう無理」、と。希望の光の裏切りで、生きる力が萎えてしまうのだ。